FC2ブログ

詐欺情報3点

 クリスマス・イブに何をやっているんだ、という声が聞こえてきそうですが(笑)、まずは12月17日の読売新聞に出ていた詐欺の情報です。
「署に来て」警官装う電話、全国で相次ぐ…都内だけで591件・新手の詐欺か
 記事内にもあるとおり、警察を装って信用させ、キャッシュカードを騙し取る手法ですね。
 「警察署に来て被害届を出して欲しい」と言われたら、確かに信じてしまいそうです。ただ、記事だけ読んだ限り、そこからどうして「警邏中の警官(刑事?)にキャッシュカードを渡す」ということになるのか、ちょっと分かりにくい気がします。
 おそらく、ターゲットが高齢者ということで、「キャッシュカードを渡してくれれば、こちらで代わりに被害届を書く。被害届を出すときに、キャッシュカードの暗証番号が必要だ」みたいな流れで、カードと暗証番号をゲットするのでしょうけど、詳細がイマイチ掴み切れていません。
 とにかく、警察を装うのも詐欺の常套手段です。若い人は大丈夫だと思いますが、ネットバンキングなど手元で口座残高を確認できない高齢者が引っかかりやすいと思うので、身近に高齢者がいる人は注意喚起をしてあげてください。

 また、私の知人がカニカニ詐欺の影響を被っているそうです。
 なんでも、同居している祖母がその業者からカニを買ってしまい、そのあと「カニを買いませんか?」という電話が、毎日のようにかかってくるようになったとか。
 調べてみたところ、言葉尻を捉えて「同意」と見なし、代引きでカニを送りつける方法だそうです。そうして、いっぺん受け取ってしまうと知人の家のように電話がガンガン鳴るようになって、大変なことになるみたいですね。
 とにかく、祖母が電話に出るとまた買ってしまう可能性があるため、常に気を張っていなくてはならず、ノイローゼ気味になっているとか。
 このカニカニ詐欺は、いっぺん買ってしまうとカモリストに載って、家族がいても騙された人間が出るまでしつこく電話してくるのが特徴なようです。
 こちらも、高齢者が主なターゲットになっており、ネットを調べると「カニは好きですか?」と言った質問に「はい」と答えただけで「了承」と見なして送りつけてくるところもあるみたいですね。また、表示された番号に電話をかけ直しても、電話番号が偽装されたものなのか応答が一切ないそうです。
 ちなみに、知人(の祖母)のところに送られてきたカニは美味しかったらしいのですが、中身がスカスカのカニが送られてきた、という話もネットには出ています。おそらく、知人の家に電話をかけてきたところは、最初にいいカニを送って信用させて、次からクズ商品を送りつけてくるのでしょう。
 ちなみに、この手の業者は電話番号を次々に変え、「○○水産」「××水産」などと名前も変えながらしつこく電話をかけてくるのが特徴です。
 対処法としては、私も知人に教えてあげたのですが、自動応答録音機の設置が有効です。詐欺犯は、自分の声を録音されることを嫌うため、たいていはこれで諦めるでしょう。また、諦めずに電話をした場合でも、前述のような、質問に対する「はい」という答えを了承とみなす、といったやり取りが録音できていれば、録音を元に国民生活センターなどに相談することもできます。
 なお、もしも自分が気付かないうちに同居している祖父母などが騙されてカニを買ってしまった、という場合は、すぐに消費者ホットライン(188)に電話をして、お近くの国民生活センターに相談しましょう。対策を教えてくれるはずです。
 知人の家のように、購入して食べてしまうと、そのあとは既出のとおり大変なことになってしまいますので、よく注意してください。

 また、新型コロナウイルスに関連して、ワクチン接種が始まったアメリカでは、闇業者などによる詐欺(「優先的にワクチンを打てる」などと言ってお金だけ騙し取る)への注意喚起が行われているそうです。
 日本でも、ワクチン接種が始まったら、間違いなくこの手の詐欺は発生するでしょう。
 しかし、ワクチンは適切な温度で管理しないと効果がなくなるので、闇業者如きが扱えるものではありません。また、特定の業者が医療機関に対してワクチン接種の融通を利かせることも、できるはずがありません。そんなことがまかり通ったら、その時点で犯罪でしょう。
 こちらの不安につけ込むのは詐欺の常套手段なので、皆さんもくれぐれも気をつけましょう。

特選小説2021年2月号が発売されました。


 私の読み切り短編「魔性の糸」が掲載されている、「特選小説」2021年2月号が本日発売されました。
 私の手元には、見本も届いています。
 皆さんには、是非ともご購読いただければと思います。
 近況にも書いた通り、「魔性の糸」の裏話は来週、なんとか今年中にアップすることを考えています。ただ、もしかしたら年を越してしまうかも?
 

12月の近況

 朝晩がめっきり寒くなり、昼間も寒い日が増えてきましたが、皆さんは風邪など引いていませんか? 新型コロナウイルス禍も未だに収まらず、医療体制が厳しい状態も続いています。感染リスクがありながら、職務に励む医療従事者の方々に感謝すると共に、自分自身も手洗い、うがい、密回避などの感染対策をしっかり実行して、ワクチンや特効薬が接種できるようになるまで、一人一人が気をつけていきましょう。
 そして、もう12月。今年も、終わりまであと3週間になってしまいましたよ(゚△゚;ノ)ノ 歳を取るにつれ、1年の流れが速くなっていく感じなのですが、今年はコロナ禍で思うように旅行ができずに刺激が乏しかったせいか、ますます早く感じました。
 仕事自体は、今年も単行本3冊と、短編3作、それに週刊金曜日(去年のウチに書いた原稿なので、今年の仕事という気はしませんが)、還付金詐欺に関する講演1本、「中野区地域安全運動のつどい2020」のテレビ出演と、それなりにやらせていただいて、ありがたい限りなのですが。来年はもう少し幅を広げられるといいなぁ、と皮算用をしていたりも。さてはて、どうなることやら?
 
 ところで、まずはその来年の報告から。Twitterにはもう書いているのですが、来年3月刊の新作の仮タイトルがもう発表になっていました。
秘密の若妻バレー部 (仮) (竹書房ラブロマン文庫)
 この作品については、今現在執筆の真っ最中でして、発売日に間に合うように気合いを入れて頑張らねば、と思っているところです。
 先月16日に発売になった「兄嫁とふたりの幼馴染み」のほうも、よろしくお願いしますね。

 また、報告の順番が前後する格好になりますけど、今月21日発売の特選小説2021年2月号にも読み切り作品が掲載されます。こちらも、是非楽しみにしていてください。
 なお、特選小説掲載作品の裏話については発売後の適当なタイミングでアップするつもりですが、年末の最終週はいつもバタバタするので年を越す可能性もあります。あらかじめご了承ください。

なりすまし詐欺メール続報

 昨日に続いて、同じメールアドレスからなりすまし詐欺メールが来ていました。

至急連絡ください、同窓会参加されますか?可否とれてないのあなただけです。

 昨日のは無視できても、こうして立て続けに来ると、「誰かと間違えていませんか?」と返信したくなる人も出て来るかもしれませんね。
 しかし、それこそが詐欺犯の狙いなので、絶対に返信してはいけません。
 だいたい、同窓会について「聞きたい事あるんですけど」から、たった1日で「参加されますか?」になるのは、いくらなんでも飛躍しすぎです。ましてや、昨日は同窓会参加者のような書き方だったのに、今日は幹事のようになっているあたり、もう設定がブレブレにしか見えません。テンプレートで送っているとは分かっているものの、もう少し脈絡などを考えて文を作れ、と言いたくなります。
 だいたい、昨日の今日で私以外の人間全員について参加の可否が取れるって、すごいですよねぇ どれだけすごい連絡網があるのでしょうか?
 とはいえ、たとえ本物であったとしても、こんな失礼な人間が幹事の同窓会など出たくないですね。そもそも、メールの人物が誰か、中学か高校か大学かどの同窓会かも分からず、いつ、どこでやるのかも不明な同窓会に、参加の可否なんて言えません。こっちにも、仕事などの都合があるんですから。
 第一、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中で、色んなところから人が集まって感染リスクが高くなる同窓会に参加なんてしたくないですよ。万が一にも感染したら、3月発売が発表されたばかりの秘密の若妻バレー部の原稿が滞ってしまいますからね。

 そうそう、昨日は書き忘れたのですが、私が迷惑メールと判断する基準がもう1つありました。
メールアドレスが意味不明な文字列のメールは、迷惑メールである
 今回のメールも、0kp(ここにランダムな数字11桁)u@au.comという感じで、送信者の氏名やニックネームを匂わせるものではありませんでした。
 自分の名も書かず、どこの誰か判別することもできないメールアドレスを使ってメールを送ってくる人間に、ろくなのはいないでしょう。
 それに、多くの人がそうだと思いますが、メールアドレスには自分の名前やニックネームなど、身元の分かる情報を混ぜ込んでいるはずです。デタラメなアルファベットと数字の羅列で自分のメアドを作っている人って、いったいどれだけいるんでしょうね? そう考えれば、こういった規則性のないアドレスを使ったメールはすべて迷惑メールだ、と判断していいと思います。
 ただし、個人名に近いメアドで迷惑メールが来ることもあるようなので、すべてのなりすまし詐欺メールにこの判断基準が当てはまるわけではありません。したがって、これは判断の1つの材料になれば、程度と考えておいてください。 

「同窓会の件」というメールが来ました

 本日、スマートフォンの携帯電話のメールアドレスに、@au.comを利用した件名のないメールが届きました。
 本文の内容は、以下の通りです。

 お久しぶりです。同窓会の件で聞きたい事あるんですけどいいですか?

 これだけです。
 URLもないので、何も知らないと「誰かと間違えていませんか?」とうっかり返信しそうですよね。
 しかし、返信してしまうと、相手はさらにメールのやり取りを続けようとしてきます。そして、最終的には有料サイトに誘導して高額な利用料などを払わせるわけです。あるいは、偽のサイトに誘導して個人情報を盗み出す、「兄が事故に遭った」とか同情を引くようなことを書いて「少しお金を貸して欲しい」みたいな形でお金を振り込ませようとする、「会いませんか?」的な形で話を振ってくる(当然、怪しい勧誘や詐欺です)などのケースもあるようですね。
 これは、いわゆる「なりすまし詐欺」というものです。 「同窓会の件で」だけでググってみるだけでも、まったく同じか、似たような文面で多くの人のところにメールが届いていることが分かります。
 まぁ、私の場合、ケータイのメアドがメアドなので、見知らぬ誰かが「他の誰かと間違えてメールを送る」ということはまず考えられません。したがって、この手のメールはすぐに詐欺だと分かるんですよ。どこから漏れたのか、というのは気になるところですが、それはこちらで知る術はないのでどうしようもないですね。
 ちなみに、この手のメールが怪しいか否かを判断する基準は人それぞれ違うと思いますが、私は以下で判断しています。
 知らないメアドからメールが来た場合、こちらと相手の名前が入っているか否か?
 今回のメールもそうですが、名前を入れていないメールは定型文で送っている可能性が高く、また相手がメールアドレスしか入手できていない、と判断できます。ましてや、何度もやり取りしている友人・知人ならまだしも、初めてメールを送るときにこちらの名前も書かず、「○○の××です」と自分の名前も書かないなど、非常識極まりないですからね。したがって、私は知らないメアドから来て自分の名前が入っていないメールは、すべてなりすまし詐欺と断定して即座にゴミ箱行きにしています。
 そして、対応策ですが、残念ながら相手のメールアドレスをいくら「拒否」に設定しても、相手はメアドを偽装して次々に送ってくるので、イタチごっこにしかなりません。かと言って、文言で弾こうとしても、この手のメールは文面のパターンがいくつかあり、さらに進化もしているため、すべてを登録するのは非現実的です。
 となると、打てる手は1つ。
「この手のメールは無視する」です。
 これが、シンプルかつもっとも確実な方法になります。
 詐欺と分かっていても、絶対に返信してはいけません。一度返信すると、そのメールアドレスは他の業者にも流れて、迷惑メールが続々と届くようになりますからね。最終的には、メールアドレスを変更しないと収拾が付かなくなるかもしれませんよ。

兄嫁とふたりの幼馴染み


 この作品については、もともと別の作品を1推しにしつつ、サブ企画のような形で原型のものを出したのですが、予想外と言うべきか「『兄嫁とふたりの人妻』が好調だったのでこちらを」という話になって、メインではなくサブのほうをやることになりました。たまにあるんですよね、ダミーのつもりだったほうが採用されることって。だからこそ、私は常に複数の企画を提示するのですが。

 で、「兄嫁と二人の幼馴染み」ということでプロットを作り出したものの、特に志保のキャラ作りに難儀しました。
 ゆかりは、おっとり系の優しい兄嫁、麻里奈はちょっとボーイッシュな独身の幼馴染み、というザックリした性格を思いついたのですが、志保はホントどうしようかと考えあぐねましたよ。
 ゆかりは兄嫁なので既婚者ですし、麻里奈を独身にしたので、志保を既婚にするのは既定路線にしていたものの、キャラクターの性格付けをどうするか、本当に悩みました。
 ゆかりと麻里奈の間、というバランス的には真面目なキャラがいいとは思ったものの、ただ真面目なだけでは、夫を裏切るような形で輝樹と関係を持つことに、とてつもない罪悪感を抱いてしまい、物語が破綻しますからね。
 そんなわけで、輝樹の兄の茂に恋心を寄せながら、その真面目さ故に告白しないでいる内に彼がゆかりと婚約してしまって振られた、という背景を作りました。
 ただ、本文では流してしまったのですが、五歳差というのはある程度の年齢になれば気にならないものの、こと十代から二十歳ちょっと過ぎだと気になりますよね。片方が18歳のとき、もう片方が13歳だとまだ恋愛対象として見るのは難しいでしょう。20歳でも相手は15歳ですから、手を出すのはためらわれますね。それは、男性が上でも女性が上でも同じだと思います。
 加えて幼馴染みとなると、年下の相手を恋愛対象として見るのはなかなか難しいはずです。そういう思考を、志保の背景に入れてみました。
 
 さて、こうしてキャラクターさえできてしまえば、あとはストーリーを作って書くだけです。
 本作の本文執筆については、いつもどおりという感じで特にトラブルはなかったですね。ただ、第1章の第1節はもともと第2節として書いていたもので、第1節には日常シーンを入れていたのですが、これは朱入れをしていて「抜いてもいいな」と感じたためバッサリとカットして、第2節を第1節に変更しました。結果、ページ数的にもこの判断が正解で、目処が立ったところで胸を撫で下ろしましたよ。
 慌てたのは、まだ粗入力すら終わっていない段階で、発売予定としてタイトルが出たときです。11月16日と出た時点で、「死んでも完成させなくては」と思いましたよ。新型コロナウイルスがまだ収まっていなかったので、万が一にも感染して遅れたりしたら大変です。
 なので、感染対策をしっかりして、とにかく墓参りで実家へ行ったのと、テレビ撮影の関係で警察署へ行った以外、旅行などはせずにリスクを最小限に減らして頑張りましたよ。
 ゲラチェックまで全部終わったあと、GO TOトラベルを利用して旅行には行きましたけどね(^_^ゞ

「АррΙе ΙDについて重要なお知らせ」というメールに注意しましょう

 本日ですが、私のメールアドレスに以下のようなメールが届いていました。
-------------
件名:АррΙе ΙDについて重要なお知らせ #W496756812
  АррΙе ΙDについて重要なお知らせ
普段お客様がご利用になられていない環境から АррΙеアカウントへのログインがありました
ログイン日時: 2020/11/15 8:59:25
国・地域: Japan (153.174.78.137)
ユーザーエージェント: ブラウザ(Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/86.0.4240.193 Safari/537.36)
不正なユーザーが АррΙеアカウントにアクセスした可能性がある為、お客様のアカウントを一時的にロック致しました。
相手がどのようにお客様のアカウント情報を取得したのかわかりませんが、次の方法が考えられます。
• マルウェアを使用して、ユーザーのキーボード入カアクションを記録した。
• 他のウェブサイトで漏洩したログイン情報を利用した。
そのため、アカウント情報を再登録する必要があります。その後、再びАррΙеアカウントを安全に使用できるようになります。
  ---------------------
 |アカウント情報を更新する|
  ---------------------
必要な情報を確認および更新していただけない場合はアカウントが停止される可能性があることにご注意ください。指示に従って変更または確認を行ってください。
ご理解いただきありがとうございます。
※本メールは配信専用となりますので、返信できません。
※АррΙеに対する信頼に感謝し、より良いサービスの提供に努めていきます。

--------
 実際にはHTMLメールですが、すべてテキストに変換しました。

 これを信じて、HTMLメールの「アカウント情報を更新する」のバナーをクリックすると、Appleそっくりの偽サイトに飛び、そこにIDとパスワードを入力すると、詐欺犯にそれらが筒抜けになり、下手をするとパソコンにマルウエアを仕込まれるなどしてしまうわけです。
 いや~、それにしてもこのメール、一見すると本物みたいですよね。迷惑メールフォルダに分類されていなかったら、危うく私でも信じてしまいそうでした。
 しかし、迷惑メールフォルダに入っていたことや、この手のメールが急に来たときはまず疑うべし、という鉄則のもと、すぐにネットで調べてみて詐欺メールと分かった次第です。
 実際、よ~く見ると「Apple」の「l」の部分が「I」になっていたりするわけですよ。フォント次第では、まったく気付きませんが。
 ただ、現実にAppleで使っているメアドにこのメールが送られてきたので、なんらかの情報流出が起きている可能性は否定できません。皆さんも、くれぐれも気をつけてください。

11月の近況

 朝晩の冷え込みが強まり、日中も肌寒い日が増えてきましたが、皆さん風邪など引いていませんか?
 今年は、新型コロナウイルスが未だに収まらず、大多数の人がマスクをしたままなので、家の中などで気をつけていれば風邪の予防もしやすいでしょうね。また、インフルエンザも例年ならそろそろ結構な騒ぎになっていそうですが、今のところは大丈夫そうです。
 とはいえ、新型コロナウイルスの猛威は収まる気配がないので、一人一人が注意してこの冬を乗り切りましょう。
 ちなみに、私は例年、寒暖差アレルギー対策で毎年今くらいの時期から外ではマスクをしているのですが、いつもは風邪でも引いているのか、という感じで少数派なんですよね。しかし、今年は多数派なので堂々とマスクをしていられます(笑)

 さて、ところでいよいよ来週16日(月)に、「兄嫁とふたりの幼馴染みが発売になります。実際には、今週金曜日あたりから都区内の一部大手書店などに並びだすと思いますが、ネット通販などでは正式発売日にならないと届かないので、しばらくお待ちください。
 また、ラブロマン文庫を扱っている各電子書籍サイトでも同日発売になるので、是非ともご購読いただければと思います。
 皆さん、よろしくお願いしますね。
 なお、恒例の裏話については発売後1週間を目処にアップする予定ですが、多少遅れるかもしれません。その点は、ご容赦ください。

「兄嫁とふたりの幼馴染み」の書影と正式なあらすじが出ました

 既にTwitterではお知らせしていますが、「兄嫁とふたりの幼馴染み」の書影と正式なあらすじが出ていました。
兄嫁とふたりの幼馴染み

【商品内容】

仕事の関係で久々に実家暮らしをすることになった青年サラリーマンの輝樹は、かつて関わりのあった美女たちと再会する。奔放な幼馴染み人妻の志保に誘惑され、筆下ろしされたのをきっかけに、輝樹の平凡な生活は淫らな色に染まりだす。

お姉さん美女の麻里奈に求められるまま肉体を重ね、やがては憧れの兄嫁のゆかりとまで一線を越えてしまい…!?

かつて接点がありながらも手に入らなかった美女たち。彼女たちとの肉悦にまみれた日々を描いた誘惑ロマン長編!

竹書房ラブロマン文庫の公式ホームページより転載)

 今月の近況で書いた「『幼なじみ』になる」という話は、なかったことになったようですね。したがって、「兄嫁とふたりの幼馴染み」が、正式タイトルになります。
 既にゲラも返送し終わっており、私も発売されるのを待つばかり、という状況です。
 11月16日発売予定なので、今しばらくお待ちください。



中国語の国際電話に注意しましょう

 今回は、いつもの近況や新刊報告とは別に、特殊詐欺被害者として新手の詐欺に関する警鐘を鳴らすため、ブログ記事を書きます。
 こちらの記事にあるように、実在しない国や接点のない国からの国際電話がかかってきて、出ると中国語のアナウンスが流れる、という電話が非常に増えているそうです。
 私のところには、現時点ではかかってきていませんが、Twitterのフォロワーの世田谷区議・田中優子さんや作家の水無瀬さんごさんが、「かかってきた」とツイートしていました。
 上記のリンク記事に書かれているとおり、この手の電話には以下の2パターンの目的があるようです。
1.かけ直しで国際通話をかけさせて、高額な電話代を請求する。
2.「犯罪に巻き込まれた。お金で解決できる」などと言って、金銭を騙し取る。

 どちらにしても、対策は1つ。
見慣れない番号からの電話には出ない。かけ直さない。
 これに尽きます。
 そもそも、中国語が理解できなければ意味も分からないのですし、見慣れない番号であれば「間違い電話だろう」くらいに思って知らんぷりをすればいいのです。

 ちなみに、これは固定電話の話になりますが、私は還付金詐欺被害に遭って以降、電話帳に登録していない番号からの電話は留守電対応にしています。
 用があるなら用件を入れるはずだし、そうでなくても大事な用ならかけ直してくるだろう。
 と言うのが、今の基本スタンスですね。
 携帯電話については、上記リンク記事内にも出ている迷惑電話対策アプリ「Whoscall(フーズコール)」を利用することで対応しています。
 今は在日中国人がターゲットになっているようですが、いずれ日本語に対応して日本人を相手にした同様の詐欺が起きる可能性はあります。1のパターンについては、固定電話メインの時代からしばしばありましたけど、2のパターンが日本語に対応するのも時間の問題でしょう。
 国際電話に限らず、見慣れない番号からの電話には、皆さんもくれぐれも注意してください。
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
更新通知登録ボタン
更新を通知します

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

河里一伸

Author:河里一伸
職業は一応、官能小説家ということになりますね。このブログは、タイトルの通りぐうたらのんびり、仕事のことを中心に書いていきます。
ちなみに、河里の漢字は「川」ではなく「河」で、読みは「かわさと」ではなく「かわざと」です。
表に出したくないお話や仕事の依頼などは、こちらのメールフォームにご記入ください。ただし、仕事以外のことに関して、当方からの返信は原則としてしません。質問等は、基本的にブログのコメントでお願いします。
還付金詐欺の被害に遭っているので、それに関する体験談の講演や原稿の依頼も受けつけています。
なお、コメントは日本語のみの受け付けとなっています。外国語のコメントは受け付けないよう設定してあるので、あしからず。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの来訪者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク