FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

特選小説2018年6月号発売!

 既にTwitterでは書いていますが、本日、特選小説2018年6月号が発売になりました!  ご覧の通り、見本も届きました。
 予告していたとおり、この号に私の新作「淫獄の罠」が掲載されています。
 2018-04-211640.jpg
 今作は、タイトルからも想像できると思いますが、河里としてはかなり挑戦的な作品になったと思っています。興味のある方は、是非ともご購読ください。
 裏話に関しては、1週間後くらいを目処に公開しようと思っていますが、ちょっと遅れるかもしれません。
PageTop

4月の近況

 新年度が始まって少し経ちましたが、進学や就職、あるいは異動などで環境が変わった人もけっこういると思います。
 私は、な~んも変わっていませんけど
 とりあえず、毎年のことながらスギ花粉がほぼ終わりに近づいて、症状がかなり楽になってきたので、もうすぐマスクを外して出歩けるようになるのが、今は楽しみですね。

 さて、先月も臨時更新で書きましたが、今月発売の特選小説6月号に私の短編小説が載ります。いつもと違う感じの作品になったと自負しているので、是非とも見ていただければと思います。
 また、同じく特選小説の「泥酔した義姉を」も、すでに特選小説を取り扱っている電子書籍サイト各社で発売になっているので、こちらもよろしければお買い求めください。 
 
PageTop

ひとまず情報解禁です

 イレギュラーですが、新作の情報のためブログを更新します。
 先日発売になった特選小説5月号の来月号予告を見た方は気づいたと思いますが、来月号に私の作品が掲載されることになりました!
 特選小説では、竹書房ラブロマン文庫で書いているのとは毛色が異なる、ややダーク系の話を書いている私ですが、今度の作品はこれまでよりもさらにダーク寄りにしました。さらに、作品の雰囲気なども今まで私が書いてきた作品とかなり異なるものになった、と自負しています。
 約1ヶ月後の発売ですが、どういう作品か是非とも楽しみに待っていていただければと思います。
PageTop

3月の近況

 花粉シーズンですよ~。花粉症の皆さん、大丈夫ですか~?
 今年は、東京も過去2年と比べてスギ花粉の量が多く、減感作療法を続けている私でも症状がそこそこ出ています  やはり、目に来るのがちょっと厳しいです。
 もっとも、最悪の状態だった頃と比べれば、充分に我慢できるレベルではありますが。
 時間はかかりますし、残念ながら私は根治できなかったものの、症状が楽になっただけでも減感作療法を続けた甲斐があったと思っています。
 
 さて、ところで先月発売の「社畜OLの誘惑」、皆さん買ってもらえたでしょうか? まだの方は、是非ともお買い求めください。
 また、昨年「特選小説」に掲載された「泥酔した義姉を」の電子版が、Amazon Kindle版は今月16日から、その他の電子書籍サイトでも月末には発売となります。短編ですが、1本108円とお買い得な価格ですので、是非ともお買い求めいただければと思います。
 自己解説については、「特選小説」掲載後に書いているので、そちらをご覧ください。
 また、「肉体操作息子の嫁を…」も電子版が発売中なので、こちらも未購入の方はお買い求めいただければ嬉しいです。
 ただし、タイトルと自己解説で分かると思いますが、「特選小説」での私は竹書房ラブロマン文庫と異なる凌辱系を書いているので、そういうのが苦手な人はご注意ください。
PageTop

2月の近況

 寒い日が続いていますが、皆さん体調は大丈夫でしょうか? インフルエンザも大流行しているようですし、くれぐれも体調管理には気をつけましょうね。北陸など、大雪に見舞われた地域の皆さんは、大変でしょうけど雪かきなど頑張ってください。
 私は、とりあえず体調を崩すこともなく過ごせていますが、暖かくなってくるといよいよスギ花粉が……
 私を含めて、花粉症の人には辛い季節の到来も間近です。花粉症の人は、辛い時期を共に乗り越えましょう。

 さて、今週月曜日に正式発売となった社畜OLの誘惑は、買ってもらえたでしょうか?
 まだの方は、紙の本はもちろんですけど、すでに電子版も出ていますので、そちらででもとにかく購入していただければ幸いです。
 最近、漫画のほうでも問題になっている通り、違法アップロードなどの形での読書は、著者にとって1円のプラスにもなりません。
 専業作家は原稿を書いて生計を立てていますが、紙の本が売れなければ初版部数はどんどん減らされてしまいます。電子版だと、1冊いくらという入り方になるため、実売数に応じた印税支払いになって実入りは厳しいものの、臨時収入みたいな気分でありがたくはあります。しかし、違法アップロードではそれすらないわけですよ。
 たとえば、飲食店で食事をするとき、皆さんはちゃんとお金を払っていますよね? 違法アップロードで読むのは、飲食店でお金を払わずに食い逃げしているようなものです。料理人だって、ボランティアではありません。食い逃げばかりされたら、売り上げが出ないので困窮しますし、材料を買うお金がなくなれば店を畳まざるを得なくなることは分かるでしょう?
 文筆業も同じです。食い逃げ行為同然の違法アップロードでの読書などされても、著者にとってはちっとも嬉しいことなどないのです。なので皆さん、正規のものをきちんと買っていただけるよう、お願いいたします。

 なお、現在いささか慌ただしいため、「社畜OLの誘惑」の裏話の公開については、しばらく待ってください。なるべく早く書いてアップするつもりでいますが、来週いっぱいはちょっと難しいかもしれません……。
PageTop