FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

11月の近況

 ああ、もう11月ですよ。あと少しで、今年が終わってしまいますよ。
 立冬前から東京でも寒い日が増えてきましたが、皆さんは風邪など引いていないでしょうか?
 これからの季節は鍋物が美味しいのですけど、今年は台風などの影響もあって白菜をはじめ鍋に使う野菜が高いので、一人暮らしの私としても頭を抱えています。早く、値段が落ち着いてくれるといいのですが。
 
 さて、私の最新作人妻マンション 快感売りますは、皆さん買っていただけたでしょうか?
 すでに、Kindleをはじめとする電子書籍サイトでも発売されていますので、店頭で買うのはちょっと……という方は、電子の方で購入していただけると幸いです。よろしくお願いしますね。

PageTop

「人妻マンション 快感売ります」の見本が届きました。

 「人妻マンション 快感売ります」の見本が本日、私の手元に届きました。
「人妻マンション」見本
 公式の発売日は31日ですが、竹書房は取次を通して本を流通させているので、見本が来たと言うことはすでに配本は始まっている、ということでしょう。私自身は、まだ店頭で確認をしていませんが、すでに都区内では発売が始まっているかもしれません。
 この表紙を見かけたら、皆さん是非とも手に取ってレジへ行ってください(#^.^#)

PageTop

「人妻マンション」紹介ページができていました

 うっかり宣伝し忘れていたのですが、私の最新作「人妻マンション 快感売ります」の紹介ページが、竹書房のホームページに作られていました。
 概要を知りたい方は、作品タイトルにリンクを貼ってあるので、ご覧ください。

 なお、「人妻マンション 快感売ります」の裏話ですが、近況では発売1週間後を目処に、と書いたものの、少し遅れるかもしれません。いや、どうも作成する余裕があるか、ちょっと微妙な状態になっているもので……。



PageTop

10月の近況

 つい先日まで、暑くなったり涼しくなったりを繰り返しながら、少しずつ秋の気配を深めていた東京ですが、ここ数日で一気に涼しくなりました。寒暖の差が激しいこともあり、体調を崩しやすくなる時期なので、くれぐれも風邪など引かないように気をつけましょう。
 私も、寒暖差アレルギーなのか、ちょっと鼻の調子が悪くなっています。スギ花粉とハウスダストは、減感作療法のおかげでかなり良くなったのですが、季節の変わり目に起きるこの症状ばかりは、抑えようがありません・゚・(ノД`)・゚・。  医者から処方されたアレルギーの薬も、ちゃんと飲んでいるんですけど……。

 さて、正式タイトルが人妻マンション 快感売りますと決まった竹書房ラブロマン文庫からの新刊の発売日が、いよいよ今月末に迫りました。
 すでにゲラは戻しており、私も発売日を心待ちにしている状況です。久しぶりとなる誘惑物なので、皆さんよろしくお願いしますね。 
 なお、裏話については、いつも通り発売日から1週間後くらいを目処にアップしたいと思います。ただし、状況次第で少し遅れるかもしれません。その点は悪しからず。
 

PageTop

9月の近況

 北海道に台風が立て続けに上陸して水害が発生したり、岩手県岩泉町などで大規模な土砂災害が起きたりと、異常気象が連続していますね。まずは、亡くなった方には心からのお悔やみを、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。
 私は、稚内にも行ったことがありますし、岩泉町も龍泉洞へ行ったことがあるだけに、実際に目にした場所が水害で無残な姿になっているのを見ると心が痛みます。特に、龍泉洞の出入り口から水が噴き出している写真を見たときは、本当に愕然としました。地底湖の美しいドラゴンブルーが、ちゃんと復活すればいいのですが……。
 台風シーズンはまだこれからですし、北海道や東北にお住まいの方、特に川の近くや低い土地に住んでいる方はくれぐれも気をつけてください。もちろん、他の場所に住んでいる人も、台風などがもたらす大雨には気をつけましょう。
 東京は、昼間こそまだ暑い日が続いていますが、特に夜は秋の気配が日に日に色濃くなっているのが分かります。夏の疲れが出て来る頃でしょうし、ここで力尽きないように気をつけなくては。

 さて、ところですでにAmazonで予約が始まっていますが、この度、竹書房ラブロマン文庫から新刊が出ることになりました。
人妻ゆうわくマンション(仮)
 発売は10月末の予定なので、まだ時間がありますしタイトルも仮ですけど、予約してもらえれば幸いです。
 内容はまだ言えませんが、原点回帰と言いますか、捻りのないタイトル通りのものになっていますので、どうぞお楽しみに。
 ちなみに、私は作家としての独占契約みたいなものをどことも結んでいないので、必要としてもらえればどこの社ででも書きます。その点は、誤解のないようにお願いしますね。 

PageTop