FC2ブログ

魔性の糸

 この作品の「女性で破滅する男」という原型自体は、かなり前から「やってみたい」と思っていたのですが、なかなか形にする機会に恵まれませんでした。と言うか、原型から先のストーリーのイメージがピンと来なくて、ペンディングにしていたんですよ。
 それが、2年くらい前でしたか、何かの弾みで「魅力的な若い女性に夢中になった男が、彼女と一緒になるため妻子を手にかける」という大まかな流れのイメージができたので、アイデアとして前任の担当氏に見せて、一応はOKをもらったんです。ところが、担当氏の異動でいったん棚上げになり、その間に「リバーサル~堕ちた女上司~」を思いついて優先したため、さらに形にするのが遅くなりました。
 そんな紆余曲折がありながら、ようやく本作をプロット化し、形にすることができました。
 このような経緯だったこともありで、キャラクターを作るのにまったく苦労はありませんでした。何しろ、琴美は最初から「清楚な見た目に反してエロい」というキャラで考えていましたし、治生は妻子から邪険にされてもなんの反論も行動もできない無気力系中年、という設定しかあり得なかったので。
 ただ、ペンディングした状態でもあれこれと考えてはいたため、頭の中にあった設定を文章化するときに、あまりにも設定が複雑になりそうになったため、「この設定は絶対必要、これはいらない」という取捨選択に多少の苦労はありました。
 そんな感じで、プロットにGOサインが出たものの、ラブロマン文庫の仕事があったため実際に書き出すまでには、少し時間を要しました。もっとも、やってみたかった話だったこともあるのか、書き出したら自分でも驚く早さで完成までこぎ着けたのですが。
 サイコホラー的な作品は、別名義で短編を書いたことがあるものの河里としては初めてですし、そもそもかなり久しぶりだったので、「楽しかった」と言うと語弊はありますが、けっこうノって執筆できたと思います。
 ちなみに、2回目のエッチシーンは、本当ならシックスナインとか挿入までの流れとか、しっかり書くつもりでした。しかし、枚数の都合もあってそれは無理と分かったので、早い段階でカットすることにしました。ここらへんは、短編の辛いところですね。
 また、今回は作品の性質上、前半から中盤にエッチシーンを集中させ、後半はエロなしという展開にしました。ここらへん、読者の皆さんがどう感じるか不安はありますが、気に入ってもらえれば幸いです。
 
 なお、「魔性の糸」というタイトルについては、担当氏から「ネタバレすぎではないか?」という疑問が出たのですが、私は大丈夫だろうと思ってそのままにすることにしました。
 皆さんには、是非とも一度読んだあと、もう一度読み直していただきたいですね。そうすると、このタイトルにした意味がよく分かると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
更新通知登録ボタン
更新を通知します

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

河里一伸

Author:河里一伸
職業は一応、官能小説家ということになりますね。このブログは、タイトルの通りぐうたらのんびり、仕事のことを中心に書いていきます。
ちなみに、河里の漢字は「川」ではなく「河」で、読みは「かわさと」ではなく「かわざと」です。
表に出したくないお話や仕事の依頼などは、こちらのメールフォームにご記入ください。ただし、仕事以外のことに関して、当方からの返信は原則としてしません。質問等は、基本的にブログのコメントでお願いします。
還付金詐欺の被害に遭っているので、それに関する体験談の講演や原稿の依頼も受けつけています。
なお、コメントは日本語のみの受け付けとなっています。外国語のコメントは受け付けないよう設定してあるので、あしからず。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの来訪者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク