FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

社畜OLの誘惑


 もともとは、担当氏から「今度は社畜ものを」というリクエストをもらったところから、話が始まりました。
 参考がてら、某マンガをいただいて読んだりしたものの、「女上司のみだれ顔」のときにも書いたように、私にはまともなサラリーマン経験がありません。そのため、「社畜」という感覚を掴むところから始めなくてはならなかったので、初期段階でいささか難儀しました。
 実は、一応その手の会社に内定をもらった身ではあるのですが、結局は色々あって入社しなかったんですよ。もっとも、もしもあの会社に入っていたら私は作家になっていなかったかもしれないので、「人間万事塞翁が馬」だなぁ、と思う次第でして……。
 それはともかく、そんなワケで、もしかしたらIT業界の人からは「これくらい当たり前」と思われてしまうかもしれない、と思いつつ、私としては「自分ならこんなところで働きたくない」と思えるような感じで、会社の設定を考えてみた次第です。
 ちなみに、「ムーンライズシステム」という名前については、実在しない社名を考えていく中で思いつきました。二次請けがメインの会社なので、太陽のおかげで輝く月、みたいなイメージでつけた名前です。

 キャラの人数は、今回の話をいただいた時点で「「女上司のみだれ顔」」との差別化で、「今作は複数プレイをやりたい」と考えており、最初から3人に絞り込んでいました。4人出すと、3Pや4Pを描く枚数的な余裕がなくなりますから、人数を絞る代わりに複数プレイを入れることにしたわけです。
 キャラの性格については、人数を決めた時点で概ね固まっていましたね。そのため、キャラ造型にはあまり悩みませんでした。
 そんな中で、多少悩んだのは春香です。こういう子が、どうしてムーンライズシステムに来たのか、そして何故辞めないのか、という点については、なんとか整合性を取ろうと苦戦しました。この手の子は、よほどのことがない限り、すぐに辞めちゃうと思いますから。
 真菜美は真面目であるが故に社畜になり、智代はもっと酷いところを知っているから、これくらいまだマシと割り切っていて……というのは、キャラを思いついた時点で考えていました。
 智代の謎の権力ポジションというのも、初期の設定段階からあったものですが、どうしてそういうことになったのかはあまり深く考えていませんでした まぁ、便利キャラにしておきたかった、ということで。
 ちなみに、男性キャラの名前は超適当です(笑) 少なくとも、東京都内と近郊に住んでいる人なら、男性キャラのネーミングの法則にすぐ気づいたはずです。三鷹、中野、大久保……はい、中央総武線の沿線駅ですね。
 もともと、チームに男性メンバーがいることにはしていたのですが、彼らの名前をまったく考えておらず、書き出してから「やっぱり名前があったほうがいいよな」と思ったのです。ただ、大したメンバーでもないので思いつきで名前をつけました。反省はしていません
 
 ストーリーについては、キャラの性格を一通り作った時点で、だいたい出来上がっていたので、あまり苦労した記憶はないですね。基本ラインは、修正時にもほとんど変えていませんし。
 執筆自体も、あまり苦労した気はしないのですが、油断したのかなんなのか、なぜか〆切までの時間が途中から足りなくなってしまって、いささか焦りました。私、だいたい一定のペースで仕事ができますし、今回も許容範囲内で原稿はできたのですが、どこかで計算が狂っていたみたいで、そのことに気づいたときは冷や汗をかきましたよ。もうちょっと、まめに予定を確認しておけばよかったです。
 あとは、けっこう細かいところで修正指示を受け、まだまだ己が未熟であることを痛感…… 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する