FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

肉体操作 息子の嫁を…


 官能小説雑誌「特選小説」で執筆した、初めての作品です。
 ちょうど、 「人妻マンション 快感売ります」」が発売された頃ですが、縁があって特選小説の編集部と連絡を取ることになりました。
 そうして打ち合わせをした際、私が「雑誌の作品は誘惑系が多いようですし、せっかく私が書くのに同じような系統をやるのもなんですから」と催眠系をやりたいとお話ししたところ、編集長が乗り気になってくれて、いい具合に話が進みましたね。
 もともとは、「肉体操作銃」ではなくスマホアプリみたいなものにしようか、とも考えたのですが、けっこうその手の話はそこら中にありますし、「アイドル強制操作」もそういうものでしたから、ちょっと工夫しようということで、玩具のような形状の銃ということになりました。
 そして、主人公とヒロインの関係についても、特選小説の読者層などを踏まえた結果、「息子の嫁」をヒロインにすることになり、主人公を50歳という、私の作品では最高齢のキャラクターになったわけです。年齢的に考えてあまり若いのは不自然ですし(実際には50歳前で30歳近い子供がいる人もそれなりにいるのでしょうが、なにしろ孝作はモテない男なので)、息子の嫁に劣情を抱くならこれくらいの年齢差かな、という感じで歳を設定しました。
 伊緒里に関しては、「こんなにいい子の肉体を自由にして弄ぶ」という背徳感を出すため、とにかくできた女性にすることを考えました。生意気な相手を言いなりにするのでもいいのですが、今回は枚数の都合もありましたし、シンプルに話を進めるには性格のいい子のほうがよかったんですよ。息子の北斗も、よくできた子という設定にしてあったので、そういう人間は生意気な女性を選ばないだろう、という考えもありました。
 ちなみに、北斗は本編で実際に出てきていませんが、設定としてはちゃんとどういう人間か、ということを作っています。もともと本編に北斗を出すつもりはなかったものの、伊緒里を妻にするワケですし、父親である孝作が息子を裏切る以上、ちゃんと考えておく必要はあったわけですね。まぁ、本編でも北斗に関する記述はあるので、読者の皆さんも実際にシーンとしては出ていなくても、彼がどういう人間かイメージが湧くかと思います。
 孝作の生活ぶりについては、本当は妻の美春の死後に宝くじが当たって仕事をしなくても生活できるようになった、ということにしていました。3年間の在宅介護の末、妻に先立たれて腑抜けになった人間が、戯れで宝くじを買ったら1等が当たった、という感じですね。しかし、担当氏から「読者が宝くじのほうに気を取られるのでは?」という指摘を受け、保険金に変更しました。

 内容については、打ち合わせでザックリと話した流れそのままですね。と言うか、枚数的に凝った話はできないので、一言で説明できるくらいにするのを心がけました。
 それでも、読んでいただければ分かる通り、ここで切ってもいいし、続編も作れるし、という感じで終わらせました。また、孝作に肉体操作銃を渡した老人については、意識していることはあるものの、現時点ではまったくの謎という感じにしました。本当に、あわよくば続きを書きたいものですが、そのためには読者の皆さんの支持がなければ……。
 
 本作で苦労したのは、とにかく枚数ですね。なにしろ雑誌ですから、ページ数が決まっているワケですよ。それに合わせて書かなくてはいけないので、書き下ろししかやっていない人だと対応に苦労します。
 もっとも、私はもともとシナリオから物を書く世界に入ったので、実は制限された枚数内で話を作ることをあまり苦にはしていないんです。今作にしても、枚数制限は意識してプロットを作ったため、あまり問題は感じていませんでした。こういう内容なら何ページくらいになる、ということは、経験則でだいたい見当がつきますから、今回もそれで大丈夫だと思ったのです。
 しかし、実際に書いてみるとあっという間にページ超過をしてしまい、1冊分の原稿との違いを痛感させられましたね。そのため、本当は孝作が出かけて老人と出会う下りを書いていたのにザックリ削って、物語のスタートを肉体操作銃を得たあとに変えるなど、普通の1冊分ならほぼない形での変更をしました。スケジュールに余裕があったため、時間をかけて修正ができて助かりましたけど、余裕がなかったら頭を抱えていたかもしれません。
 まぁ、それでもプロット時点で欲張り過ぎないようにしていたおかげで、なんとか本編のような形で書き上げることができました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する