FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

わが家はハーレム


 竹書房ラブロマン文庫からの第2作目となります。
 本作の原型は、当時の担当氏からの提案によるものでした。だから、百合恵が四十路オーバーという、私の作品では最高齢のキャラになったわけです。ちなみに、百合恵の細かな年齢は内緒(^_^;
 その担当氏のアイデアをベースにディスカッションをして、基本方針を定めていってから、私がキャラに肉付けをしてストーリーも作っていったような感じですね。 
 ちなみに、担当氏のアイデアでは実際の作品で美奈子に当たるキャラも、実は尚人の父親・健太郎に開発されていた、という設定だったのですが、これはさすがに私が反対しました。
 理由としては、妻となる百合恵はともかく、その娘にまで手を出していたら、いくらなんでも健太郎が人でなしすぎるだろう、というのがあります。
 また、もう1つ大きな理由は、美奈子まで父親と関係していた場合、尚人が彼女と関係を持つことを読者がどう考えるか、ということがありました。美奈子がセックス好きというだけならともかく、先に父親に抱かれて開発されていました、となっては、さすがに尚人の心境的に興奮できないだろう、と思った次第です。
 何より、百合恵と美奈子の両方が健太郎に開発されていた場合、キャラの差別化が年齢以外に難しくなりますからね。
 こうした理由から、美奈子が健太郎に憎からぬ感情を抱いていたものの関係は持っていなかった、というキャラになりました。おかげで、健太郎がなんだかんだ言っても息子の尚人のことをちゃんと思っていた、という点を表せたと思っています。
 ちなみに、父の再婚相手は尚人から見ると正しくは「継母」、その娘は「継姉」や「継妹」になるはずですが、これは担当氏から「義母、義姉、義妹のほうがいい」と指摘を受けてそのようにしました。まぁ、義理の関係なのでこれも正しいですし、こだわっても仕方のない点ではありますが。

 こうしてキャラクターが定まり、ストーリーができれば、あとは執筆するだけです。
 ただ、今作はヒロインが4人いるため、どうしてもページ数が増えてしまいます。そこで、今作では百合恵と美奈子の視点での描写を全面的に省き、処女の泉希と麻由の視点だけを入れることで、ページを抑えることにしました。
 これには、非処女で年上のキャラの心情などあえて書くまでもないだろう、という判断もあります。それに、一人だけ(たとえば百合恵だけ、あるいは美奈子だけ)視点がないのも不公平になるので、ヒロインが四人いることもあって視点を描くのを二人、描かないのを二人と分け、同時にページ数を減らそうと考えたワケですね。
 もっとも、第1稿を送ったら「もっと減らしてくれ」と言われて、そこそこのページを削りましたが。その後、ゲラになった段階で、わずかが行数のはみ出しがあって、そこが前のページに収まるように調整し、さらに2ページ減らしました。
 また、プロローグは最初、第1章からの抜粋のような感じだったのですが、「同じエッチシーンを二度読まされるのは、読者的にどうよ?」という担当氏からのツッコミを受け、本のような形に全面的に書き直しました。
 実は、このときもページをけっこう減らしていまして、今作は通常より一人多いヒロイン数の中で、いかにページを減らすかで腐心していた気がします(^_^;
  
 ちなみに、本作のゲラが出る前に原型を提案した担当氏が退社されることになり、急遽、担当編集者が変わりました。丸々担当してもらったのは「人妻マンション 快感売ります」だけでしたが、この場を借りて感謝いたします。 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する