FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

4月の近況

 はう~、もう4月ですよ~。本当に、時間が経つのが年々早くなっていきます。
 そして、花粉症の皆さん。スギ花粉の飛散のピークを過ぎ、現在はヒノキで、もう少し我慢すれば花粉シーズンも終わりですが、今年はどうでしたか? 先月の近況でも書いた通り、私はずっと注射の減感作療法を受けているおかげか(今は維持療法)、ピーク時にもそれほど症状が悪化せずに済みました。まぁ、目のかゆみはちょくちょく出ましたけど、「目玉を取り出して洗いたい」と思うような酷さにはなりませんでしたね。一番酷いときは朝、目が充血しているのは当たり前で、目やにが固まって目が開けられないこともあったため、目にマスクをして寝たりしていましたから。
 それに、喫茶店で仕事をしていてティッシュの山を作るのも、以前ならこの時期は薬を飲んでいても当然だったんですけど、今年は多くてもせいぜい4~5枚程度で、症状が軽減していることが実感できました。まぁ、本音を言えば根治して欲しかったのですが、こればかりは個人差があるので仕方がないでしょう。

 さて、すでにTwitterでも定期つぶやきをしているのでご存じの方も多いと思いますが、今月発売の私の新刊は青獣の囁き: 今夜、女教師が僕の奴隷になる (フランス書院文庫)が正式タイトルとなりました。
 フランス書院文庫の紹介ページだけだとちょっと分かりにくいですけど、仮タイトルが「催眠電話」だった通り、今回もアイテムを使った催眠ものです。
 そして、この4月でフランス書院文庫は創刊30周年とのことで、その記念すべきラインナップに私の作品も混ぜていただけたことを、非常に嬉しく思っています。
 いつも通りなら、23日に配本で、早いところなら当日中、ほとんどのところは翌日、離島などを除く全国では日曜日までに発売されると思いますので、皆さんよろしくお願いしますね。
 なお、裏話については、いつも通り発売後1週間を目処にアップするつもりでいますが、今回はスケジュールがかなりキツキツになっているため、遅れる可能性がかなり高いです。あらかじめご了承ください。

 ところで、先月13日にフランス書院文庫の「弟嫁【言いなり】」が電子化されていました。こちらも、是非よろしくお願いいたします。

 なお、今月発売の美少女文庫は以下の通りになっています。
えすかれ「先生姉妹のメロオチ指導!」鷹羽シン/ひなたもも
えすかれ「戦国おっぱい」ほんじょう山羊/熊虎たつみ
「ふたご妹は総理大臣!」藤原たすく/朝倉はやて

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する