FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

3月の近況2

 東日本大震災の犠牲となった方々にお悔やみを申し上げると共に、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。
 震災から9日が過ぎましたが、このブログを読んでいる皆さんは被害など遭われなかったでしょうか? 

 私は過日、沖縄から帰ってきました。花粉のピークを逃れるために行ったのに、帰って来た途端にピークに差し掛かるとは(TД⊂ くしゃみ鼻水はもちろんですが、目のかゆみが辛い(>_<)
 しかし、津波などで被災した方々のご苦労を思えば、これくらい我慢しなくては。
 さて、心配していた東京の我が家の震災被害ですが、周囲からさんざん脅されていた割に、驚くほどなにもありませんでした。小物類はやや落ちていたものの、もっとも心配していた本棚が倒れたり書籍類が飛び出している事態はなく(数冊落ちていましたが)、食器等もまったく床に落ちていなかったですし、テレビ等も無事だったため、お金に換算した被害はまったくありません。
 やはり、本棚はもちろん食器棚や洋服箪笥などに、あらかじめ耐震補強を施しておいたのがよかったようです。私、以前からこの点だけは抜かりなくやっていたので、今回はそんな自分を褒めてあげたくなりました(^o^;
 やや離れて暮らしている親戚や家族も、特に大きな被害も受けずにすんだようですし、私の周辺には幸運にも被害がまったくと言っていいほどありませんでした。
 しかし、地震はもちろんですが、計画停電の影響などもあり、知人・親戚などがストレスを溜めて苛立っているのが、電話やメールでもありありと分かります。私は、震災時に沖縄にいて揺れを経験していなかったからでしょう、精神面にまだ余力があります。そのため、抑え役に回っている感じですね。
 ただ、沖縄へ行く前と行ったあとで同じ場所のはずなのに社会も人も一変してしまったような気がして、けっこうショックを受けています。

 とはいえ、私にできることは原稿を書くことだけです。だから、あえて私はいつもと変わらない生活を送るように心がけ、今も執筆に専念しています。
 一応、各種募金を通してささやかながら支援に協力していますが、基本的に物書きにできることは、読者の方々に喜んでいただけるような作品を作って世に出すことですからね。自分の作品を見た人が少しでも元気になってくれれば(元気にするのは一部分だけじゃないですよ)、文筆を生業とする者としてこれに勝る喜びはありません。
 とにかく、今は予定通りに仕事を進めてちゃんと本を出すのが、自分にできる唯一のことだと思っています。
 そりゃ、直接現地に行って何かしたい、という気持ちがないワケではありません。しかし、体力のないひ弱な人間が復興支援のボランティアで被災地に行っても、かえって周囲に迷惑をかけるだけでしょう。だから、私はひたすら後方支援(側面支援かな?)に徹します。
 なお、当ブログにもFC2経由での義援金募集のプラグインを貼り付けました。別に、これ経由でなくてもいいんですけど、一人でも多くの方が被災者の方々の支援に協力してくださることを願ってやみません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する