FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

私立お嫁さま学園


 今作は、最初の段階から仮タイトル「私立お嫁サマ学園」でスタートした企画です。したがって、主人公が嫁候補を集めた学校に転校させられる、という展開はプロットの第1稿から変わっていません。
 ただ、プロット第1稿では主人公がヒロインたちと勝負したりして実力や優しさを認められて関係を持つ、という話にしていたのですが、「勝負」の部分がどうしても間延びするということで、この案は却下。結局、本編のような形にして、単独エッチがないものになりました。
 結果的に、これでもボリュームが相当なことになったので、勝負事を描いている枚数の余裕はなかったのかな、と思いましたが。
 キャラクターの性格設定は、最初の段階からほぼ決まっていました。また、今回は久々にヒロインを4人にする、というのも担当氏との打ち合わせ初期段階で決めていましたね。ただ、ある程度は覚悟していたのですけど、3人ヒロインにすっかり慣れていて、4人だとページが足りなくなるという罠が それも、複数エッチばかりになった要因ではあります。
 エッチシーンはもちろんなのですが、今回はキャラが増えたために、各々の個性付けにやや苦労しました。いや、性格などはそうでもなかったんですけど、セリフで一見して区別できるような違いをどう出すか、という点が引っかかりまして。その点は、第1稿を読んだ担当氏からも指摘を受けたので、2稿目で心愛の一人称を「あたし」から「心愛」に変え、語尾の「~だもん」という言い方を増やす(甘えん坊っぽい感じを強めました)、寿里を地が関西弁のキャラに変える、といった形にすることで解決しました。
 ちなみに、各キャラの名前には、実は某四人組ユニットのメンバーの漢字が入っています。とはいえ、ほぼ一文字ずつバラバラにしている上に、一部はメンバーにない文字も入れていますが(^_^; 本当は、すべての漢字を組み込めればよかったんですが、前に同じ漢字のキャラを使っているので被るのを避けたかった、というのが理由としてあります。3年くらい間隔があれば、別によかったんですけど。
 とはいえ、キャラクターの外見や性格などは一切引っ張られていないので、あくまで「気づいたら、ある意味すごいよね(笑)」という程度のものです。
 各キャラの名前の由来などは、特に何もありません。あえて言うなら、上記の遊びがあったので、漢字から逆算するようにして人名を選んだ、というところでしょうか。
 とはいえ、実は本文に出てくる名前だけすべてピックアップすると……あれ? 余計なキャラとか人の名前まで出てきたり?
 
 本文のほうは、やはり久々の4人ヒロインということもあって、けっこう苦労しました。結局、前戯段階はともかく本番はすべて3Pか5Pになりましたし、ページの都合で削ったやり取りやエピソードも色々あります。全部書いていたら、400ページをオーバーしたかも?
 まぁ、「俺の嫁」が300人いると言っても、さすがに全員を描こうなどと無謀なことはできませんでした。一応、メインの4人以外にも、お風呂場乱入とか体育祭でキャラを見せているのですが、さすがに挿絵はつかなかったですねぇ。描いたら、せせなやうさんが大変なことになっていたでしょうけど
 あと、体育祭シーンも本当はもう少し長く、イベントもさらにいくつか考えていました。しかし、書きだしてみたらあっという間に枚数が圧迫されてしまったため、障害物競走にほぼ絞り込んで描くことに。
 まったく、ヒロインが一人増えるだけで全体的なバランスの取り方が難しくなる、と痛感させられましたね。

 挿絵は、美少女文庫初参戦となる せせなやうさんです。イラストはとても素晴らしく、見本が届くまで私もまったく拝見していなかったのですけど、どのキャラも可愛らしくて、初めて挿絵を見たときはニヤニヤが止まりませんでした(^o^; 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ようやくコメントする時間が取れました……
今回のお気に入りは陽美ですね。私はあんな風にデレられると、ホント弱いんですよ。具体的な言葉が見つからないくらいに愛しくて、大事にしてあげたくて。純粋に「恋愛」をしたいキャラでした。

あとは心愛も、甲斐甲斐しくて甘えん坊という「個人的・二次元妹キャラ必須条件」に合致していたので(爆)、微笑ましかったです。

ちなみに、心愛のフルネームが「何かの企業名っぽいな」と思ったのはホントの話です(笑)

だるま特急 | URL | 2010年12月20日(Mon)18:01 [EDIT]


ありがとうございます。

だるま特急 さん
いつもご愛読ありがとうございます。今作も、気に入っていただけたようでなによりです。
心愛は「ここあ」ですから、なんとなく飲み物の会社っぽく見えるかもしれませんね。特に、「高崎」というありがちな姓ですし(^o^;

河里一伸 | URL | 2010年12月21日(Tue)09:45 [EDIT]