FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

お姫様がいっぱい~ようこそ、姫之湯へ~

ohimesama.jpg


お姫様がいっぱい~ようこそ、姫之湯へ~
 原型をとどめてないのでバラしちゃいますが、当初はテレビアニメにもなったゲーム「SH○FFLE!」を意識しつつ、魔界とか神界というのは抜きにした「幼なじみプリンセス温泉」という仮タイトルで企画を始めました。
 初期設定では、あかりは学園のプリンセス、ミリアと芽衣(もちろん別の名前でした)は外国から来たプリンセスでした。ミリアと芽衣は微妙ですが、あかりは誰を想定していたかはゲームやアニメを知っていたらバレバレでしょう(^_^; もちろん、姫之湯を訪れた理由も、本編とはまったく違います。
 しかし、「学園のプリンセスでは弱い」「外国人二人はちょっときつい」という理由で、設定はキャラの性格も含めて全面的な見直しをすることになり、ミリアと芽衣から幼なじみ要素を事実上削りました。パーティーで顔を合わせたことがある程度では、「幼なじみ」とは言えないでしょう。
 そうした試行錯誤の末、「ホテル王の娘」「旧華族の娘」「外国の王女」という本作キャラができあがり、「温泉ぷりんせす」という仮タイトルに落ち着きました。
 ただ、ストーリーでもちょっと紆余曲折がありましたねぇ。
 当初は、本とはまったく違う事情でミリアと芽衣がやって来たものの(もちろん性格も違いました)、落ち目の温泉旅館「姫之湯」に様々な危機が訪れ……という感じの展開を想定していました。が、これも「なるべくシンプルに」ということで却下。そんななかで「姫之湯」は廃業したことになり、さびれた場所でのハーレム物になりました(^_^;
 ところで、本編では物語のスタートは学校の夏休みですが、ここにもちょっとした裏話があります。
 実は最初、物語を晩秋スタートにしようと思っていたのです。が、本編執筆中に一度、試しに山のほうの温泉で露天風呂に入ってみたところ、あまりの寒さに参ってしまいました。
「これじゃあ、風呂に入りながらならともかく、外でエッチしてたら風邪をひきそう(^_^;」
 既婚者の知り合いからは、「好きな相手と一緒なら寒さなんて関係ない」などと言われました。しかし、湯船に浸かりながらならともかく、出たら絶対に凍えますよ、あれは(笑)
 という事情や、学校の休み期間等々も考慮した結果、本編のように夏休み期間になった次第です。
 ちなみに、今回の封印キーワードは「お兄ちゃん」。今まで、ゲームノベライズを除き、血のつながりのあるなしにかかわらず妹キャラが必ず出ていましたが、今回はそれを完全に封印しています。光一より1歳年下の芽衣も、名前を呼び捨てにしていますし。
 あと、キャラの全面変更時に意識したのは、ヒロインたち全員をツンデレキャラにすること。それぞれタイプの違うツンデレを書いてみたのですが、読者の皆さんには気に入っていただけたでしょうか?
 また、本作では複数人プレイにもこだわってみました。おかげで、第4章はエロエロモード全開になっています(*^o^*)
 ただ、本当はエピローグ前にも一度4Pを入れようと思っていたんですが、これは枚数の都合で削らざるを得なくなりました。
 あかりの父親を巡る話は、たまたまラ○ブドア事件とタイミングが合って、ちょっとタイムリーな感じになりましたね。ただ、これは別にあの社長を意識していたわけではなく、別の人のことをモデルにしました。物語と違って、あの人が無罪になるとは思っていませんが(^_^;

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この本についての感想

こんにちは、僕は都内のM.Sです。今回初めて河里さんの本を買いました。
あかりちゃんはキャラクターの設定で二人の関係が幼なじみであったことが嬉しかったです。そしてなにより主人公とのラブラブっぷりが見事です。
芽衣ちゃんはツンデレ度が一番高いと思います。なんか昔風のお嬢様と感じられました。
ミリアちゃんは主人公とは同い年であるにも関わらずすごく色々なところで魅力的だったのでと思います。
このキャラクターの中で一番好きなのはあかりちゃんです。なぜなら、3人のヒロインの内、彼女が一番主人公が好きであり、主人公を失うくらいならすべてを失ってもいいと言ったことが、僕が彼女を一番好きだと確信したキーポイントです。
芽衣ちゃんは、少し性格が厳しすぎました〔女の子みたいな話し方が少なかったから〕。
ミリアちゃんはツンデレ度が足りません。
でも3人とも可愛くて、それぞれの個性が現れていました。
河里さんはキャラクター設定以外にも色々工夫したことと、本1冊執筆するのにこんな裏話があったことにびっくりしました。他にも書きたいことが沢山ありますが、また今度書きます。
河里さんの次の作品を楽しみにして待っています。そして買って読みます〔多分〕。
今度僕は「妹がいっぱい」を買う予定です。この本を読み終えたら感想を送ります。
僕のmailに返信をお願いします。

M.S | URL | 2006年04月07日(Fri)13:32 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006年04月07日(Fri)13:36 [EDIT]


感想をありがとうございます

 M.Sさん、こんにちは。
 初カキコ、ありがとうございます。また、拙作を読んでいただき、ありがとうございました。こうして感想を書いてもらえると、次への励みになります。
 多分などとおっしゃらずに、是非「妹がいっぱい」も読んでください(^_^;

 ただ、メールについては勘弁していただきたいと思います。申し訳ありませんが、当方にも諸々の事情がありますので、どうかご理解ください。
 感想のほうは、是非とも当ブログにどうぞ。あまり書き込みがないのも、いささか寂しいので(^_^;
 今後とも、河里一伸の作品をよろしくお願いします。

河里一伸 | URL | 2006年04月08日(Sat)21:53 [EDIT]


河里さんの本について

こんばんは。M.Sです。1つ言っておくと、実は僕は高校2年生〔今16歳〕です〔都内の高校に通っています〕。
僕は美少女文庫のことを全く知りませんでした。しかし、今年の1月に僕の同級生が僕に美少女文庫出版の「こいねこ」を読むように薦められてそれを読んだらとても面白かったのです〔その友達はその本を持っていて僕に貸してくれてそれで僕は読みました〕。そしてそのあと年齢に関係なく〔?〕この美少女文庫の本を読ませていただいています。美少女文庫のホームページで色々な本を見ていたら河里さんの出版している本「お姫様がいっぱい」を見つけました。この本が美少女文庫で紹介される前は全く興味を持てませんでした。しかし美少女文庫のホームページでこの本の紹介を見てみたらよかったです〔全体的に〕。そしてこの本を3月20日に買いました。理由はこの本のイラストレーターの絵がとても上手で、キャラクターの設定も素晴らしかったからです。「お姫様がいっぱい」は何度読んでも飽きません。僕が持っている美少女文庫が出版している本の中で一番好きな本です。恋愛関係がワンダフル!
ところで僕は4月9日に「妹がいっぱい」を買って読みました。2冊とも同じくらい楽しいですし素晴らしいです。
僕は色々な本〔もちろん美少女文庫出版の本〕を読んできました。そのなかで、1人ずつのストーリーを書くという河里さんの書き方が大好きです。僕は河里さんの書いた本は「お姫様がいっぱい」と「妹がいっぱい」の2冊しか持っていませんがこれから先も河里さんが書いた本を買いたいです。次の作品を楽しみにしています。頑張ってください。

ところで僕は「看護しちゃうぞ」という本を買いたいのですが、
〔ちょっと僕がわがままで申し訳ありませんが〕この本の最後はハッピーエンドというかたちになるのですか?もしそうでなかったら、残念ですけど僕はこの本買えません…〔すいません〕。どんな話でもいくら中身がエッチでもバッドエンドだとすごく悲しい気持ちになります。
けれど、これからも河里さんの作品を楽しみに待っていますし、ずっと応援します。頑張ってください。

M.S | URL | 2006年04月11日(Tue)19:22 [EDIT]


大丈夫です

 M.Sさん
 「妹がいっぱい」も気に入っていただけたようで、何よりです。
 ちなみに、私の書いた作品には今のところバッドエンドのものはありませんので、「看護しちゃうぞ」も安心して(?)お手にとってください。

河里一伸 | URL | 2006年04月12日(Wed)00:32 [EDIT]


本についての質問

質問がふたつあります。
一つは、河里さんの「看護しちゃうぞ」という本は一人ずつのストーリーが書かれているのですか〔この本はまだ買っていません〕?
もう一つは、次出版される本についてなのですが、次の本も「お兄ちゃん」を封印するのですか?

M.S | URL | 2006年04月13日(Thu)17:04 [EDIT]


RE:本についての質問

M.Sさん
「看護しちゃうぞ」は、メインヒロインの智佳とのエッチが中心になっているため、「いっぱい」シリーズ(?)とはやや作りが異なります。

次回作については、ご質問の件も含めて一切お答えできません。出版社からタイトルが正式に発表されるまでは、守秘義務があると思いますので。ご了承ください。

河里一伸 | URL | 2006年04月14日(Fri)08:36 [EDIT]


河里さんの作品について

河里さんの書いた本は読み飽きることがないです〔僕が今持っている2冊の本の中では〕。その理由は河里さんのヒロインそれぞれ1人のストーリーを進めていくというやり方が素晴らしいからです。何回読んでも「お姫様がいっぱい~ようこそ、姫之湯へ~」と「妹がいっぱい~フルーツバスケット」は飽きないし素晴らしいです。特に前者は河里さんが今まで書いた9冊の中で最高の本です〔多分〕。ヒロインがとっても可愛いし、純粋、美人、かつ主人公に対する愛情が十分すぎるくらい僕にも伝わってきます。
ところで、ホームページの更新大変ですね〔特に背景が〕。小説書く以外にも頑張ってますね。
それと今日僕は「とりぷる!~幼なじみアイドル」を買いたいと思います。書いたら感想を送ります。

M.S | URL | 2006年04月23日(Sun)09:16 [EDIT]


買いました

「とりぷる!~幼なじみアイドル」を昨日買いました。〔ここで言うのもなんだけど〕ちょっといまいちのお話です〔すみません〕。

M.S | URL | 2006年04月24日(Mon)22:08 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006年04月24日(Mon)22:11 [EDIT]


ありがとうございます。

M.Sさん
 感想をありがとうございます。こうした感想をいただけると、厳しい意見であっても励みになります。

 ブログのデザインは、共有テンプレートというものがあるので、それで適当なモノを選んでいるだけです(^_^; 私、絵はまっっっっったく書けませんので。

河里一伸 | URL | 2006年04月24日(Mon)22:54 [EDIT]