FC2ブログ

リバーサル~堕ちた女上司~

 
 この作品の発想のキッカケは、とある漫画で「自分は正常な判断をしているつもりなのに、実は操られていた」というシチュエーションを目にしたことでした。 
 それを読んだときに、「これは自分も是非やってみたい」と思い、短編用に落とし込んだ企画を立てたわけです。
  企画の時点で、「ぐうたらな部下が、切れ者の女上司を堕とす」という基本の流れは考えていましたし、キャラの性格などもある程度は思いついていました。
  綾音は、とにかく三十路を過ぎても恋人を作らない(できない)、生真面目で仕事一筋のキャラクターとして設定しました。恋愛に臆病なわけではないのですが、そういうことに感情のリソースを割くより仕事で男以上の成績を収めることに集中したい、と考えているキャラなわけです。
  綾音がそこまで仕事に打ち込む理由付けには、少し悩みましたね。しかし、中学のとき「女子だから」という理由で理不尽な仕打ちを受けたため、という理由を思いついた時点で、だいたい問題はクリアできたと思いました。
  創路のキャラについては、とにかく綾音が毛嫌いするタイプ、ということで考えましたね。毛嫌いしている相手なのに、催眠術をかけられて別人格を植えつけられ、恋人と思い込んで初めてを捧げてしまった。それをひょんなことで思い出したら、いったいどんな感情が湧いてくるか? しかし、そんな感情すらも仕組まれていたことだったら……。
  まぁ、本編でも軽く触れているとおり、創路がそこまで強力な催眠をかけるに至るまでは、隙を見て何度となく綾音に催眠術をかけ、暗示を与えて催眠を深めていた、という流れがあります。ただ、それをすべて描くのは短編では不可能なので、必要な部分だけをピックアップした形になりました。これは、特選小説でこのネタをやろうと考えた時点で、最初から狙っていたことです。短編で、すべてを描くのが不可能なことは、最初から分かっていましたからね。
  そうして、プロットにOKが出れば、あとは執筆するだけです。
  今回に関しては、新型コロナウイルスによる非常事態宣言下という世間の異様な雰囲気以外は、特段の苦労はなかった感じですね。実際、〆切として指定された日よりも遥かに早く、原稿はできましたし。
  しかし、好事魔多しと言いますか、ゲラが送られてきて愕然としました。「比留田」が「蛭田」だったり、「創路」が「掃除」だったりという、もっとも気をつけていたはずの漢字の変換ミスが、そこかしこのあったんですよ。何度もチェックしたのに、どうして見落としていたのか、と頭を抱えましたね。まぁ、担当氏の校正のおかげで事なきを得ましたけど。 
 本当に、校正の大切さをしみじみと痛感させられました。 

特選小説2020年10月号、発売されました。

特選小説2020年10月号
Twitterにはもう書いていますが、本日発売の特選小説2020年10月号に私の読み切り作品「リバーサル~堕ちた女上司~」が掲載されています。今日、見本も届きました。
相変わらず、竹書房ラブロマン文庫とは違うちょっとダークな催眠系河里作品です。
皆さん、是非ともご購読ください。

なお、本作の裏話については、適当なタイミングで公開します。今は、裏話を書く余裕がちょっとないものですから

8月の近況

 関東では、8月に入ってようやく梅雨が明け、急激に暑い日が続くようになりましたが、皆さんは体調を崩していませんか?
 残念ながらと言うべきか、新型コロナウイルスの勢いはとどまることを知らず、厳しい局面が続いていますね。自分自身を含め、私の周辺では情報が入っている範囲でまだ感染者は出ていませんが、お盆の親族の集まりも中止になるなど、影響があれこれと出てきています。
 皆さんも、くれぐれも感染に気をつけながら、新しい日常を過ごしていきましょう。

 さて、先月発売の「相部屋アパート」(竹書房ラブロマン文庫)は、皆さんもう買っていただけたでしょうか?
 まだ出て1ヶ月なので、置いてある書店であれば手に入るかと思います。最近、ようやく各出版社も電子書籍での実績を考慮してくれるようになったらしいので、電子版でもお買い上げいただければと思います。
 また、今月21日発売の特選小説 2020年 10 月号に、書き下ろしの短編が掲載されます。こちらも、よろしければお買い上げください。
 特選小説については、発売後にブログで報告、及び掲載作品の裏話を書くつもりでいます。
 ところで、Twitterでは呟いていますが、既に11月16日発売予定で次作の仮タイトルが発表になっています。
「兄嫁とふたりの幼馴染み」(仮)(竹書房ラブロマン文庫)

 いや~、まさかこんなに早くタイトルが出るとは思いませんでしたよ おそらく、タイトルはこのまま本決まりになるでしょう。
 現時点では、まだ鋭意執筆中という状況なので、今後に何卒ご期待ください。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
更新通知登録ボタン
更新を通知します

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

河里一伸

Author:河里一伸
職業は一応、官能小説家ということになりますね。このブログは、タイトルの通りぐうたらのんびり、仕事のことを中心に書いていきます。
ちなみに、河里の漢字は「川」ではなく「河」で、読みは「かわさと」ではなく「かわざと」です。
表に出したくないお話や仕事の依頼などは、こちらのメールフォームにご記入ください。ただし、仕事以外のことに関して、当方からの返信は原則としてしません。質問等は、基本的にブログのコメントでお願いします。
還付金詐欺の被害に遭っているので、それに関する体験談の講演や原稿の依頼も受けつけています。
なお、コメントは日本語のみの受け付けとなっています。外国語のコメントは受け付けないよう設定してあるので、あしからず。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの来訪者数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク