FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

エロライブ! 言いなりアイドルプロジェクト


 この作品は、担当氏から「次はアイドルもので」というリクエストをもらって、企画を作り出しました。もちろん、元作品についてもしっかりリクエストが
 ついでに、「6月刊行でいくから」とも言われて、何を意識したかは誰の目にも明らかという まぁ、私の進行速度なら充分に間に合うスケジュールでしたし、私なら〆切に遅れない(少しくらい遅れても6月刊行ができなくなることはない)、という信頼があってこそ言われたことだと思いますが。
 なお、その際に「MC(マインドコントロール)は使っていいが、今回は明るく」という指示も受けました。このところ、黒本はもちろん美少女文庫でも少しダーク要素と言うか復讐みたいな展開を入れていたのですが、それを抜くというわけですね。
 ただ、そもそもMCというのはどういう手段を使うにせよ相手を意のままにするところにカタルシスがあるわけで、ダーク系の要素をなくしてどうやろうか、と考え込みました。
 こうして、まず神様に人の心を操る力をもらうこと、キャラクターを4人にすることは決まりました。モチーフとして、9人組の某アイドル物があったものの、さすがにページ数が限られている小説で4人以上は描ききれませんし、モブを無駄に出すくらいなら思い切って絞ってしまおう、ということになったのです。ついでに、モブも一切出さずメインの4人に集中する、という方針も、打ち合わせの段階で決めました。
 あとは、明るいままどうやってMCに持っていくか、という点が課題でしたが、結局、麻里亜の部分に少しダークっぽい要素を入れたものの、他はみんな前向きというか暗さを感じさせないMCにできたと思います。
 それから、キャラクターを作ることになったのですが、元ネタ作品については少しだけ意識しつつも似すぎないように気をつけました。いや、私は元を意識しすぎると、つい引っ張られて大胆なアレンジができなくなってしまうので、異なるキャラを作るには元作品をあまり気にしないほうがいいんですよ。
 しかし、タイトルがまさかこうなるとは思いませんでしたが ちなみに、私が仮としてつけていたタイトルは、「僕だけのアイドル育成計画」でした。
 とりあえずキャラに関しては、元作品は一応意識しつつも性格などを他のキャラとミックスするなどして、似ないように気をつけました。 
 ジュノーというグループ名ですが、これは「ローマ神話で、最高神ユピテル(ジュピター)の妃ユノーの英語名」から取ったものです。まぁ、元ネタ作品も女神の名前を使っているから、ということで、あまり深く考えずにほとんど語感で選んだのですが
 ただ、この女神って基本「女性の結婚生活を守る」という、言わば既婚者向けという感じなんですよねぇ。
 執筆に取りかかってからそのことに気づいて、「グループ名を変えたい」と担当氏に提案したのですが、「ジュノーのままで」と言われて、結局はそのままになりました。この部分については、あまり気にした人はいなかったのでしょうか?
 また、北神田神社については、もちろん元作品の聖地が元ネタですが、とにかく現存する神社や地名を避けるように考えました。で、北神田というのは江戸時代にはあったようなのですけど、今は東京の地名としてはないですからね。使っても特に問題はないだろう、と思ったわけで。一応、漠然と意識した場所はありますが、それは地図でも見てもらえればなんとなく見当がつくのではないか、と。
 
 そんなこんなで、若干のプロットの作り直しを経て本文を書き出したのですが、実は当初プロローグでジュノーの4人が北神田神社に行ってお参りする部分を、ちゃんと書いていました。そうして、テンちゃんが出てきてどうのこうの、という展開を1からちゃんとやろうとしていたんですよ。
 しかし、プロローグだけでけっこうなページ数になってしまい、「これは、絶対に指定枚数をオーバーするわ」と気づいて、その部分を泣く泣く全面カットしました。私はスロースターターなので、このプロローグだけで3日くらいかかったんですけど、全部削除(TД⊂
 まぁ、影響が小さいうちに気づいたのはよかったのですけど、さすがに3日のロスはちょっと大きかったですね。特に、この原稿の執筆中に花粉逃れで沖縄へ行ったりしていたので。
 それでも、沖縄でも頭の3日くらいを除いてずっと仕事をしていたので、本来なら東京にいるより原稿がはかどってもおかしくなかったはずです。なにしろ、執筆以外にやることがろくすっぽないのですから
 ところが、沖縄から帰って改めて進行を計算してみたら……あれ~? なんで、こんなに余裕がないんだ?ということになり、さすがに焦りました。そして、出だしの3日間を棒に振ったことと、沖縄で仕事をしていなかった冒頭3日が、そのまま進行の遅れになっていたことに、この段階でようやく気づいたわけです。那覇で頑張って、かなり原稿を進めたつもりだったのですけど、実はあまり進んでなかったというのは、改めて計算してみたときに愕然としました。これじゃあ、わざわざ花粉の時期に沖縄へ行っている意味が……
 とにもかくにもその後、なんとか遅れを取り戻そうと仕事の時間を増やしたりしたのですが、それでもギリギリで遅れを取り戻せるかどうか、という状態になり、私にしては珍しく少し早い段階で「遅れるかもしれません」と担当氏に先に泣きを入れておきました。結局、なんとか遅れを取り戻して、予定通りに仕上げたのですが。
 そんな遅れのせいばかりではないのですけど、テンちゃんの誕生話に触れる余裕がまったくなかったのは、個人的に心残りです。設定上はあれこれと考えていたのですが。まぁ、エッチシーンに直接関係のないキャラなので書く必要もなかったんでしょうけど、せっかく設定を作ったのに、という無念さがちょっと(^_^;
 なので、追記でちょっと触れておきます。

 イラストのミヤスリサさんには、とても可愛らしいキャラを描いてもらいました。すでに、美少女文庫でも実績のある方なので、こちらからは特に何も言いませんでしたが、できあがった絵は非常に可愛くて満足しています。ありがとうございました。 
PageTop

6月の近況

 もう一年も折り返し点間近ですよ。なんでこう、歳を取るにつれて時間が経つのが早くなっていくんでしょうね?
 とにかく、梅雨に入って気候も気持ちもジメジメしがちですが、皆さん元気にやっていきましょう。
 
 そして、すでに数日前に告知していますが、私の最新作エロライブ! 言いなりアイドルプロジェクト 」(絵: ミヤスリサ)が来週18日に発売されることになりました。ただし、この日が配本なので当日中に出るのは首都圏の一部店舗で、だいたいのところは翌日あたりから店頭に並び、週末に全国の書店で発売という感じでしょうか?
 テスト販売で、すでに購入した人もいるかもしれませんが、それ以外の方も是非とも買っていただけると幸いです。
 なお、裏話はいつものように発売後1週間を目処に公開するつもりですが、多少遅れることもあるかもしれません。その点は、あらかじめご了承ください。
 
 同時発売は、以下の2冊です。
「悪魔が来たりてAV撮影!?」葉原鉄/ 葵渚
「怪盗メイドの事件簿」青橋由高/ 有末つかさ

 こちらも、よろしくお願いしますね。 

PageTop

テスト販売が始まりました&見本が届きました。

 「エロライブ! 言いなりアイドルプロジェクト」のテスト販売、木曜日から秋葉原などの一部の店舗で始まったようですね。
 私の手元にも昨日、ご覧のようにようやく見本が届きました。
エロライブ!
 えっと、とにかくこのタイトルは私が考えたものではないので、タイトル絡みのツッコミは一切受けつけません
 まぁ、どんな理由にせよ、手にしてくださる方が増えれば……と思います。皆さん、よろしくお願いしますね。
 ちなみに、タイトルのおかげでアキバBlogでも取りあげていただきました

 なお、アニメイトで18日から「美少女文庫フェア」が開催されて、「エロライブ!」にも特典として短編のペーパーがつくことになりました。詳細は、こちらからどうぞ。
 さらに、メロンブックスでも書き下ろしSS付き着せ替えブックカバーが特典として付きます。詳細は、こちらから。
 アニメイトとメロンブックスではそれぞれ異なる話を書いているので、可能なら両方とも手に入れてもらえるととても嬉しいです

PageTop