FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

かてきよ!~家庭教師とハーレムレッスン?~

かてきよ!

かてきよ!~家庭教師とハーレムレッスン?~
 本作は、もともと「家庭教師物」ということで始まった企画でした。
 最初、「病弱で留年した天才少女」と「飛び級で同学年になった年下の天才少女」が成績不振の男の子にレッスンをすることになって、そこに「隣に住んでいる幼なじみの同級生」が……という「家庭教師は同級生」にしようか、と思いました。が、前作「お姫様がいっぱい」との差別化もあって、この案は却下。その後、キャラを二人に減らし、基本的な設定が本に近い形になりました。
 キャラを二人に減らした当初、「家庭教師は同級生」という括りにこだわりすぎて、コトナが同棲する事情として「メイド偽装」「年齢詐称」など考えました。しかし、「それでは家庭教師物ではない」と担当氏から指摘されて、単純に「天才で一歳年上の王女(正体は隠している)」ということにしました。
 また、「コトナ」というどこか日本人じみた名前の由来は……分かる人、お察しの通りでございます、はい(^_^;
 ただ、読んでいただければ分かるとおり、借りたのは名前だけでキャラの性格その他はまったく違いますね。
 ちなみに、この名前に合わせて最初はコトナに日系の血が入っているような設定も考えたものの、描ききれないと思ったので削ってしまいました。
 麻里については、最初「飛び級した年下の同級生」という設定でいこうと思っていました。しかし、諸々考えた結果、「飛び級できる頭脳を持っていながら、(主人公のことを想って)あえてしなかった同級生」という設定にした次第です。おかげで本作は、私のオリジナル物としては初めて主人公より年下のキャラがいない、という作品になりました。
 ちなみに、ツンデレ系キャラということもあって、乙女の踵落としや乙女のビンタを繰り出す姫が麻里のモデルでは?と思う人もいるかもしれませんが、それはうがち過ぎです(^_^; 彼女の性格がツンデレになったのは、単純にコトナとの性格面での差別化を明確にしようと考えた結果です。実際、麻里を堅物委員長タイプの女の子にしようか、とも考えたこともありました。
 ところで今回、麻里がやたらとハリセンを使っていますが、実はこれ、ちょうど本作のプロットを書いている頃にハマった某漫画の影響です(^_^; それに、手で叩いたりするよりも絵になる気がしたので、思い切って本文でもやってみた次第。
 みけおうさんのイラストを見て、ハリセンを持たせて正解かな、と個人的には思っています。

 ところで、今回はちょっとした遊びを仕掛けてみました。
 ヒント:日本人キャラのフルネームを並べてよ~く見てみると……。
PageTop

相互リンク2

 現役高校生作家にして、美少女文庫期待の新鋭・あおぞら鈴音さんとも相互リンクしちゃいました\(^o^)/
あおぞら鈴音の日記…「小説家&学生の両立記」
 あおぞらさんの新作「バンドしようよ♪幼なじみボーカリスト」も、今月発売になります。
バンドしようよ
 私も高校生の頃から作家になることを夢見ていましたけど、とても実現にはほど遠い実力でしたねぇ(遠い目)

PageTop

相互リンクしました

 このたび同時配本されるのを機に、美少女文庫のエース青橋由高さんの「一日一歩~青橋由高の特別でない毎日~」と相互リンクさせていただきました。
 ここの訪問者数も、これでもう少し増えるかな?(^_^;
 青橋さんの最新作「キスキス~彼女は妹ウエイトレス!」
キスキス
 さて、青橋さんのブログにも書かれていますが、私と青橋さんとは一度だけ某所で偶然バッタリお会いしたことがあります。
 あれは本当になんの前振りもなく、偶然隣り合っただけだったのですよねぇ。他にも人がいっぱいいたので、隣り合う確率はせいぜい数十分の一程度だったと思います。それなのに、見事にビンゴを引き当てたような(^_^; 

PageTop