FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

お姫様がいっぱい~ようこそ、姫之湯へ~

ohimesama.jpg


お姫様がいっぱい~ようこそ、姫之湯へ~
 原型をとどめてないのでバラしちゃいますが、当初はテレビアニメにもなったゲーム「SH○FFLE!」を意識しつつ、魔界とか神界というのは抜きにした「幼なじみプリンセス温泉」という仮タイトルで企画を始めました。
 初期設定では、あかりは学園のプリンセス、ミリアと芽衣(もちろん別の名前でした)は外国から来たプリンセスでした。ミリアと芽衣は微妙ですが、あかりは誰を想定していたかはゲームやアニメを知っていたらバレバレでしょう(^_^; もちろん、姫之湯を訪れた理由も、本編とはまったく違います。
 しかし、「学園のプリンセスでは弱い」「外国人二人はちょっときつい」という理由で、設定はキャラの性格も含めて全面的な見直しをすることになり、ミリアと芽衣から幼なじみ要素を事実上削りました。パーティーで顔を合わせたことがある程度では、「幼なじみ」とは言えないでしょう。
 そうした試行錯誤の末、「ホテル王の娘」「旧華族の娘」「外国の王女」という本作キャラができあがり、「温泉ぷりんせす」という仮タイトルに落ち着きました。
 ただ、ストーリーでもちょっと紆余曲折がありましたねぇ。
 当初は、本とはまったく違う事情でミリアと芽衣がやって来たものの(もちろん性格も違いました)、落ち目の温泉旅館「姫之湯」に様々な危機が訪れ……という感じの展開を想定していました。が、これも「なるべくシンプルに」ということで却下。そんななかで「姫之湯」は廃業したことになり、さびれた場所でのハーレム物になりました(^_^;
 ところで、本編では物語のスタートは学校の夏休みですが、ここにもちょっとした裏話があります。
 実は最初、物語を晩秋スタートにしようと思っていたのです。が、本編執筆中に一度、試しに山のほうの温泉で露天風呂に入ってみたところ、あまりの寒さに参ってしまいました。
「これじゃあ、風呂に入りながらならともかく、外でエッチしてたら風邪をひきそう(^_^;」
 既婚者の知り合いからは、「好きな相手と一緒なら寒さなんて関係ない」などと言われました。しかし、湯船に浸かりながらならともかく、出たら絶対に凍えますよ、あれは(笑)
 という事情や、学校の休み期間等々も考慮した結果、本編のように夏休み期間になった次第です。
 ちなみに、今回の封印キーワードは「お兄ちゃん」。今まで、ゲームノベライズを除き、血のつながりのあるなしにかかわらず妹キャラが必ず出ていましたが、今回はそれを完全に封印しています。光一より1歳年下の芽衣も、名前を呼び捨てにしていますし。
 あと、キャラの全面変更時に意識したのは、ヒロインたち全員をツンデレキャラにすること。それぞれタイプの違うツンデレを書いてみたのですが、読者の皆さんには気に入っていただけたでしょうか?
 また、本作では複数人プレイにもこだわってみました。おかげで、第4章はエロエロモード全開になっています(*^o^*)
 ただ、本当はエピローグ前にも一度4Pを入れようと思っていたんですが、これは枚数の都合で削らざるを得なくなりました。
 あかりの父親を巡る話は、たまたまラ○ブドア事件とタイミングが合って、ちょっとタイムリーな感じになりましたね。ただ、これは別にあの社長を意識していたわけではなく、別の人のことをモデルにしました。物語と違って、あの人が無罪になるとは思っていませんが(^_^;

PageTop

CLEAVAGE~恋人はお姉さん~

CLEAVAGE.jpg

 人気ゲームのオリジナルノベライズで、青橋由高さんと黄支亮さんという、美少女文庫のなかでも売れっ子のお二方と並んで書きました。私だけ極端に格が落ちるのは、勘弁してください・゜・(ノД`)・゜・
 さて、私のところに話が来たときには、すでにお二人の担当が決まっていて、私は担当氏から「沙夜香でも瑛里華でも、あるいは両方とも使っても構わない」と言われていました。おかげで、ずいぶんと好きにやらせてもらったり。結局、欲ばって瑛里華と沙夜香の両方を書いちゃいましたし。
 「Lovers」のときは、基本ラインはゲームの流れに従っていましたが、今回は書く前から「完全オリジナル」と指示されていたので、原作ゲームをプレイしてから、展開上ゲーム後にあり得たかもしれないストーリーを自分なりに考えてみました。
 また、ノベライズでは当然のことですが、他の人が作ったキャラクターということで、イメージを壊さないように言葉遣いやキャラの行動に、かなり気を使いましたね。その意味では、自作よりも神経をすり減らしたかも。
 あと、3人で1冊分ということもあり、通常の1/3の量で物語を作るのにも少し苦労しました。三者三様の物語なので、1冊とはいえそれぞれが独立した作品、と考えて読むのが正解でしょうね。
 ところで、ここまで妹系の作品ばかり書いてきた私が、本作みたいな姉系作品を担当したことを意外に思った人もいる……のでしょうか?(^_^;

PageTop

看護しちゃうぞ~見習いナースは同級生~

kango.jpg

看護しちゃうぞ~見習いナースは同級生~
 もともと、「看護学園物」ということで企画した作品です。
 今作以前は、河里作品はメインヒロインとのエッチを最後に持ってくるパターンが多かったので(例外は「妹アイドル」くらい)、今回はメインヒロインとのエッチを中心にすることを意識して物語を作りました。おかげで、智佳がすごいことに(笑)
 当初は、主人公も看護科の学生という設定だったのですが、普通の学園物との差別化を考え、最終的に主人公がヒロインのせいで入院して……という、本編の形になりました。
 もっとも、主人公の両足をケガさせてしまったため、エッチが騎乗位ばかりになって、それぞれのシーンを差別化するのに苦労しましたが。
 また、エピローグも実は初期プロットでは、3Pエンドにしようと考えていました。しかし、検討の結果、最後は少し余韻の残るほうにしようと、本のような流れに落ち着いたのです。
 ただ、私としては「墓参りのシーンで真維が死んだように思わせて、実は……」という効果を狙ったのですが、読者の皆さんはわかってくれたでしょうか? 映像だと、前のシーンからの流れでそういう誤解を意図的に与えることは比較的容易なのですが、小説だとなかなか難しくて……。
 学園と病院のある場所は、筑波研究学園都市を少し意識したものの、ほぼ完全に私の創作です。また、物語の中に出てきている「看護科」は実在しますが、「医療科」というのは私が調べた限りでは存在しないので悪しからず(^_^;
 ちなみに、このタイトルは某ゲームと同じですが(うしろにハートマークが入ってますけど)、私がつけたわけではありません。私が当初つけていた仮タイトルは、「ナースをめざせ!」でした。すみません、タイトルセンスがなくて(^_^ゞ

PageTop

妹がいっぱい~フルーツバスケット~

 imoitu.jpg

妹がいっぱい~フルーツバスケット~
 これは、もともと「妹がいっぱい」というタイトルが先行していたものです。そこに、別の要素が欲しいということで、キャラの名前を果物と絡め、舞台も果樹園になったという(^_^;
 当初、私は「果樹園では泥臭すぎないか?」(農家の方、すみません(´Д`;)ヾ)と思い、花屋とか花栽培業者でやってみよう、と思ったのですが、諸々あって結局は果樹園に。
 また、舞台を果樹園に決めたあとの初期案では、ヒロインたちが農業の格好をしているのでは華やかさに欠けると思い、果樹園にレストランが併設してあってヒロインたち(特に家族ではない杏子と苺)はそこで仕事を手伝っている、という設定にしていました。しかし、「これではウエイトレス物と変わらない」ということで、レストランの設定も却下。
 こんな経緯があった末に、おそらく前代未聞であろう農業系官能小説(^_^;ができました。もっとも、私は農業経験皆無なので、これを書く際にはかなり苦労しましたが。
 あと、本当は学園生活みたいな部分も少しだそうと思っていたのですが、舞台を絞り込むことを優先して、そうしたシーンは丸々カットしました。
 ちなみに、だいたいの人は分かっていると思いますが、キャラの名前と果物の関連は以下のようになっています。
 夏美 →夏みかん
 さくら →さくらんぼ
 杏子 →アンズ
 苺  →イチゴ

PageTop

とりぷる!~幼なじみアイドル~

triple2.jpg

とりぷる!~幼なじみアイドル~
 「妹アイドル」の続編。と言っても、同じ世界観を使っただけで登場キャラクターは総入れ替えですが。
 本来は「とりぷる!+(プラス)1」として、前作のキャラに新ヒロインを1名追加して物語を作ろうと思っていました。しかし、前作のヒロインたちは、やることをだいたいやってしまった感もあり、プロットになかなかOKが出ず。
 結局、担当氏といくつか案を検討した結果、「思い切ってキャラを総入れ替えしよう」ということになりました。ただ、その後も何案かボツになって、けっこう苦しみましたね。
 そんなことが何度か続いた、ある打ち合わせの日。プロットを2案ほど作ったついでに、イマイチ話がしっくり来なくて自主的にボツにしていた案も、「話のネタになれば」とプリントアウトして持って行きました。
 プロットは2案ともボツになり、「さて、どうしたものか」と思ったところで、話のヒントにとボツ案を担当氏に見せました。そうしたら、「これ、こんな感じにしたら」「それなら、こういうのも」と話が弾み、一気にゴーサインが出たという(^_^; ボツネタを提示しなかったら、もしかしたらこの話は生まれなかったかもしれないので、「瓢箪から駒」な感じでしょうか。
 ちなみに、この話以前の作品では、比較的大人しめの男子を主人公にすることが多かったので、今作では能動的に動く(夢を持っている)キャラを中心にしてみました。それが成功したかどうかは、結果を見ると微妙な感じですが。
 また、ヒロインについては、前作と違って元ネタは基本的になく、私が1から作りました。
 あずさに関しては、芸能界デビュー前にするかデビュー後にするか迷ったのですが、結局本編のような形に落ち着きました。
 麗菜の設定も、当初はバンドのボーカルにしていたのですが、よりキャラを引き立てる方向で考えてシンガーソングライターになった、という流れがあります。その変更時には、倉木麻衣さんをちょっと意識したんですけどね。
 由香は、特に悩んだことはなかった気が(^_^;

PageTop

Sister Love Song

 SLS.jpg

Sister love song
 この作品は、本文を書いている最中、メインヒロインのさつきの扱いに苦労したことをよく覚えています。
 さつきは、人前で話すのもためらうような内気な少女、という設定です。しかし、設定やプロット段階ではともかく、本文を書いてみるとキャラが動かないし目立たないため、特に前半部分でどうやって物語に絡めるか、かなり悩みました。実際、物語内で「もう少し動かそう」と思っても、「さつきは、性格的にこんなことしないだろう」みたいな感じで、どうしてもブレーキがかかってしまったんです。細かなエピソードを挿入することで、なんとかしのいだ感じですが、もしかすると物語全体の構成よりも悩んだかもしれません。
 本作以来、本当に内気な女の子の設定は、基本的に避けるようになりました(^_^;
 また、諸事情から脱稿から出版までの間があまりなく、イラストを描いてくださった榊MAKIさんのご苦労は、きっと想像を絶するものがあったことでしょう。テスト販売もなく、いきなり出ましたし……。

PageTop

とりぷる!~妹アイドル~

triple1.jpg

とりぷる!~妹アイドル
 実はこれを書く前、まったく別の作品を書いていたのですが、そちらが執筆中止になって、こっちを書くことになりました。
 キャラのモデルは、分かる人には分かっていると思いますが、某魔法が普通にある世界が描かれている人気ラブコメ小説。アニメにもなったので、知っている人は多いでしょう。
 ちなみに、第2章だけ香澄の一人称になっているのは、実は担当氏の案です。
 正直、一人称の小説を書くのはあまり得意ではないのですが、実際にやってみると実に面白かったですね。特に、香澄のようなキャラは、一人称でのいぢり甲斐があるので(^_^;
 私事ながら、この作品の執筆中、ノートパソコンが散々トラブルを起こした、という苦い思い出もあります。新しいパソコンに慣れる時間が惜しかったので、途中で買い換えることはしませんでしたが、本作を書き上げた直後に新しいパソコンを買いました。

PageTop

いもうと新体操

imosin.jpg

いもうと新体操
 河里一伸初のオリジナル小説。
 「Lovers」の原稿が出来上がってから、半年近く何本ものプロットがボツになりました。そんななかで、担当氏から出てきた案をベースに作り、執筆に至ったのがこの作品です。
 しかし、諸々あってかなり苦労しながら執筆した記憶があります。というか、書き出しから脱稿までの期間が、現在からは考えられないくらい長くかかった気が(^_^;
 ちなみに、当初は車にはねられた紗耶香の足に、手術の痕が残っている(そのためますます新体操から離れている)という設定を作っていたのですが、絵的な見栄えの問題もあって却下されました。
 今から思うと、「もっとああすれば良かった」「こうすれば良かった」という点が多い作品ですが、最初のオリジナル小説なので……。

PageTop

Lovers~恋に落ちたら~

lovers

Lovers~恋に落ちたら~
 大ヒットゲームのノベライズで、河里一伸として初めての執筆作品でもあります。
 実は、この作品の元となったゲームも私はやっていて、けっこう好きだったんです。そのため、担当氏から「ノベライズをやってみないか」と言われたとき、一も二もなく飛びつきました。どうして私のところに話が来たか、というのは諸般の事情としか言えませんが(^_^;
 ストーリーについては、もともとゲームの画像を本文で使用することが決まっていたため、大幅な変更はできなかったのですが、元ゲームをプレイしたときから違和感のあった部分については、色々といじらせてもらいました。
 ただ、本来なら1冊じゃ収まりきらない構想などがあったものの、さすがに前後編にするわけにもいかず、春夏秋冬にエピソードを絞り込まざるを得なかったのが、ちょっと残念。エッチシーンも、主だったものに絞り込まざるを得ませんでしたし。
 そうそう、ゲームの発売延期に伴って、小説の発売もずいぶんと延期されましたっけ(^_^;

PageTop

ブログを作ってみました

 最近の流行に乗って、私もとりあえずブログを作ってみました。
 と言っても、諸事情であまり手が回りそうにないので、基本的には拙作の紹介と裏話だけを書いていこうと思っています。タイトル通り、ぐうたらと適当にやっていければいいですね。
 数ヶ月くらい放置することがあっても、あまり気にしないでください。そもそも、飽きっぽい性格をしているので、いつまでこんなのを続けていられるのかも怪しいし(^_^;
 なお、この文にはコメントも何もつけられません。悪しからず。

PageTop