FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

わが家はハーレム


 竹書房ラブロマン文庫からの第2作目となります。
 本作の原型は、当時の担当氏からの提案によるものでした。だから、百合恵が四十路オーバーという、私の作品では最高齢のキャラになったわけです。ちなみに、百合恵の細かな年齢は内緒(^_^;
 その担当氏のアイデアをベースにディスカッションをして、基本方針を定めていってから、私がキャラに肉付けをしてストーリーも作っていったような感じですね。 
 ちなみに、担当氏のアイデアでは実際の作品で美奈子に当たるキャラも、実は尚人の父親・健太郎に開発されていた、という設定だったのですが、これはさすがに私が反対しました。
 理由としては、妻となる百合恵はともかく、その娘にまで手を出していたら、いくらなんでも健太郎が人でなしすぎるだろう、というのがあります。
 また、もう1つ大きな理由は、美奈子まで父親と関係していた場合、尚人が彼女と関係を持つことを読者がどう考えるか、ということがありました。美奈子がセックス好きというだけならともかく、先に父親に抱かれて開発されていました、となっては、さすがに尚人の心境的に興奮できないだろう、と思った次第です。
 何より、百合恵と美奈子の両方が健太郎に開発されていた場合、キャラの差別化が年齢以外に難しくなりますからね。
 こうした理由から、美奈子が健太郎に憎からぬ感情を抱いていたものの関係は持っていなかった、というキャラになりました。おかげで、健太郎がなんだかんだ言っても息子の尚人のことをちゃんと思っていた、という点を表せたと思っています。
 ちなみに、父の再婚相手は尚人から見ると正しくは「継母」、その娘は「継姉」や「継妹」になるはずですが、これは担当氏から「義母、義姉、義妹のほうがいい」と指摘を受けてそのようにしました。まぁ、義理の関係なのでこれも正しいですし、こだわっても仕方のない点ではありますが。

 こうしてキャラクターが定まり、ストーリーができれば、あとは執筆するだけです。
 ただ、今作はヒロインが4人いるため、どうしてもページ数が増えてしまいます。そこで、今作では百合恵と美奈子の視点での描写を全面的に省き、処女の泉希と麻由の視点だけを入れることで、ページを抑えることにしました。
 これには、非処女で年上のキャラの心情などあえて書くまでもないだろう、という判断もあります。それに、一人だけ(たとえば百合恵だけ、あるいは美奈子だけ)視点がないのも不公平になるので、ヒロインが四人いることもあって視点を描くのを二人、描かないのを二人と分け、同時にページ数を減らそうと考えたワケですね。
 もっとも、第1稿を送ったら「もっと減らしてくれ」と言われて、そこそこのページを削りましたが。その後、ゲラになった段階で、わずかが行数のはみ出しがあって、そこが前のページに収まるように調整し、さらに2ページ減らしました。
 また、プロローグは最初、第1章からの抜粋のような感じだったのですが、「同じエッチシーンを二度読まされるのは、読者的にどうよ?」という担当氏からのツッコミを受け、本のような形に全面的に書き直しました。
 実は、このときもページをけっこう減らしていまして、今作は通常より一人多いヒロイン数の中で、いかにページを減らすかで腐心していた気がします(^_^;
  
 ちなみに、本作のゲラが出る前に原型を提案した担当氏が退社されることになり、急遽、担当編集者が変わりました。丸々担当してもらったのは「人妻マンション 快感売ります」だけでしたが、この場を借りて感謝いたします。 

PageTop

2月の近況

 立春を過ぎたとは言え、まだまだ寒い日が続いていますが、皆さんは風邪など引いていませんか? 油断すると、しつこい風邪やインフルエンザにやられるので、くれぐれも気をつけましょう。
 また、そろそろ花粉シーズン到来ということで、花粉症の私は今から憂鬱になっています。まぁ、3月にはわずかな期間とはいえ、沖縄に逃げますけどね。それまでが大変……とはいえ、本当に大変なのは主に西日本方面で、関東は花粉が少なめのようですが。

 さて、ところで私の新刊わが家はハーレムが、いよいよ今月14日に発売されます。
 Kindle版も同時に配信されるそうなので、書籍で買うのはちょっと……という人は、電子でもいいので是非ともご購入ください。
 皆さん、よろしくお願いしますね。
 すでに述べているとおり、発売後1週間を目処に裏話を公開するつもりですが、遅れる可能性もあります。その点は、あしからずご了承ください。
 

PageTop

1月の近況

 既に申し上げているとおり、喪中につき新年の挨拶は控えさせていただきます。
 本年も、河里一伸をよろしくお願いいたします。

 さて、皆さんはどんな年末年始を過ごしていましたか? 私は、兄の家となった実家へ行っていたのですが、年明け早々に風邪を引いて発熱し、地元に戻るなり丸1日寝込みました。今は、かなり回復してきましたが、まだ喉と鼻の調子があまりよくありません。
 皆さんも、風邪やインフルエンザにはくれぐれも気をつけてください。

 ところで、すでに昨年末時点で一部では情報が出ていましたが、2月14日に竹書房ラブロマン文庫より新刊が発売されることになりました。
「わが家はハーレム」
 発表当初は、同タイトルに(仮)がついていたのですが、取れたということはこのタイトルのままで行くようですね。
 現在、ゲラをチェックしていますし、よほど大きな出来事が起きたりしない限り、予定通りに発売されると思います。
 発売日まで、あと1ヶ月あまりですし、楽しみにしていただければと思います。バレンタインデーの発売ということで、色々思うところのある人も多いかもしれませんが(謎笑)
 いつも通り、発売から1週間後を目処に、裏話をアップする予定でいますが、遅れる可能性もあります。

PageTop

12月の近況

 ああああ……師走ですよ。もうすぐ、今年も終わりじゃないですか。
 皆さんにとって、今年はどんな1年だったでしょうか?
 私にとっては、公私ともけっこう変動のあった年でしたね。1月に母が亡くなり、その後処理を含めて色々とバタバタしていたことや、諸々の事情もあって、満足できる仕事量をこなせませんでした。来年は、もっと頑張りたいと思います。
 そんなわけで、来年は喪中につき新年の挨拶は控えさえていただきます。
 とりあえず、このあと飲みの予定が例年になく入っているため(1週間で3回)、急性アルコール中毒や二日酔いに気をつけながら、楽しくお酒を飲みたいと思っています。成人の皆さんも、くれぐれも気をつけましょうね。二十歳未満の人は、まだお酒を飲んだらダメですよ~
 
 さて、竹書房ラブロマン文庫より発売中の「「人妻マンション 快感売ります」は、皆さん買っていただけたでしょうか?
 特に連絡もなかったためにまったく気づかなかったのですが、夕刊フジの官能小説紹介のコーナーや日刊ゲンダイデジタルでも取り上げていただいていたようで、ありがたい限りです。
 各電子書籍会社でも配信中ですので、ぜひともご購読をお願いしますね。

 それでは皆さん、よいお年を。

PageTop

11月の近況

 ああ、もう11月ですよ。あと少しで、今年が終わってしまいますよ。
 立冬前から東京でも寒い日が増えてきましたが、皆さんは風邪など引いていないでしょうか?
 これからの季節は鍋物が美味しいのですけど、今年は台風などの影響もあって白菜をはじめ鍋に使う野菜が高いので、一人暮らしの私としても頭を抱えています。早く、値段が落ち着いてくれるといいのですが。
 
 さて、私の最新作人妻マンション 快感売りますは、皆さん買っていただけたでしょうか?
 すでに、Kindleをはじめとする電子書籍サイトでも発売されていますので、店頭で買うのはちょっと……という方は、電子の方で購入していただけると幸いです。よろしくお願いしますね。

PageTop