FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

エッチぃ小説を書いている作家の河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

8月の近況

 先月は、下旬まで冷夏傾向だったのに、梅雨が明けた途端、猛暑に一変しましたね。皆さん、夏バテなどしていませんか?
 私は、とりあえず「暑い」と言いながらもバテてはいません。なんとか、今の調子でこの暑さを乗り切りたいものです。
 今は、ちょうどコミックマーケットをやっているようですが、私は参加せずいつも通りに仕事をしています。
 熱心に参加している同業者さんもいらっしゃいますけど、よくやるなぁと感心することしきり。私は、1つ1つしか原稿を片付けられない人間なので、コミケ用の原稿をやっていたら仕事のほうが遅れてしまいます。優先順位を考えれば、仕事の原稿が先に立つのは当然ですからね。
 まぁ、そもそもものぐさなので、自腹を切って同人誌を作るとか趣味の原稿を書く、みたいなことをやりたくならないんですが。

 さて、先月出た兄嫁とふたりの人妻」(竹書房ラブロマン文庫)と、読み切りの「大きすぎた代償」(特選小説2019年9月号は、もう読んでいただけたでしょうか?
 兄嫁とふたりの人妻のほうは電子版も出ているので、書籍で購入しづらい方はこちらでも。
 以前も書いた通り、作家としては紙の本で買っていただくほうがありがたいのですが、電子でもなんでもまずは読んでもらえないと話にならないですから。
 「大きすぎた代償」のほうは、電子化までしばらくかかるので、もし単独で読みたいということであれば、電子化まで待っていただいてもいいです。
 皆さん、よろしくお願いしますね。
PageTop

大きすぎた代償

 この作品は、実は「催眠カウンセラー」と同時期に執筆したもので、前の担当氏の退社などとタイミング重なった影響で、執筆から掲載まで実に丸1年かかりました(TД⊂
 そんな感じで、1年ほど前に書いた作品なため、ぶっちゃけ詳細を忘れているという現実が(笑)
 とりあえず、前作「催眠カウンセラー」と一緒に何本かのアイデアを出した1本に、この作品の原型となるものがあり、「どちらもOK」ということで、同時にプロット化したんです。その後は1本ずつ書いたため、提出時期にズレはできたものの、ほぼ連続で出した感じですね。それが、約1年前のことでした。
 ただ、このときは「掲載は秋頃だろう」と踏んでいて、実は冒頭のシーンが秋が深まる頃、みたいな描写だったんですよ。
 ところが、担当氏が変わってしばらく本作に音沙汰がなかったため、念のため問い合わせたところ、「冒頭など秋を感じさせる描写があるため掲載時期を見ている」という返事が来たんです。そのため、「だったら、季節を夏に書き直す」と言って修正したのが今回のものになります。いやはや、思いがけない落とし穴でしたね。

 さて、ヒロインの小百合のキャラクターは、「夫に操を立てているものの、それ故に弱みを突かれると脆い」というところから作っていったように記憶しています。それでも、夫に会えない寂しさから、友人にそそのかされて出会い系アプリを使い、ちょっとだけ他の男とのデートだけを楽しむだけのつもりだったのに……という感じで、キャラと物語のキッカケの部分はほぼ同時に構築したはずです。そこらへんのことは、実はあまりよく覚えていませんが(^^ゞ
 一紀については、女性への強い支配欲を持ちながらも、やや内向的な性格故に自分の欲望を発散させることができずにいた人間が、密かに憧れていた女性の弱味を握ったら、という感じでキャラ作りをしていった、と記憶しています。
 ちょっとした火遊びのつもりだったのに、それが思いがけない事態を招いてしまう。現実でも、自分では些細な遊び心でしたことが思いもよらない大事になった、というのはありますね。そういう部分を、今回は官能の形で書いてみようと思って、キャラやストーリーを作ったわけです。
 
 とにかく、1年経ってしまっているので、執筆に苦労があったかはまったく思い出せません。まぁ、思い出せないと言うことは、それほど苦労はしていないのでしょう(笑)
 一番大きな問題が、最初に述べたように担当氏の交代と季節の件でした。結果的には、夏のほうが話にふさわしい感じになったかな、とは思いましたが。
 しかし、今年の梅雨が7月末まで長引き、しかも月末まで冷夏傾向になるとはさすがに予想はできず、昨年の記憶を頼りに季節感を出したつもりが、ちょっとズレた感じになってしまいました。まぁ、そのあとは猛暑が復活したので、物語と合う感じになりましたけど。
PageTop

特選小説2019年9月号の見本が届きました

tokusen201909.jpg
 特選小説2019年9月号の見本が、本日私の手元に届きました。
 今号には、私の作品「大きすぎた代償」が掲載されています。
 店頭で買うのが恥ずかしい、という方はAmazonでも入手可能なので、是非ともお買い求めください。
 数ヶ月経つと、分割で電子販売もされますけど。
 この作品の裏話に関しては、少し時間をもらうことになりそうです。できれば、今月中にはアップしたいと思っているのですが……。
PageTop

兄嫁とふたりの人妻

 この作品の原型は、実は「人妻ハーレムプール」のアイデアのとき一緒に出したものです。
 「人妻物」という担当氏からのリクエストを受け、「人妻ハーレムプール」の原型となるアイデアと並行して、「主人公が兄嫁や他の人妻たちとハーレム状態になる」という、ベタベタなアイデアも作ったんですよ。そうしたら、「あっちが終わったら、これもやりましょう」という話になり、「人妻ハーレムプール」の原稿が全て終わった時点で、プロット化することになりました。
 こうして、「兄嫁と三人の人妻(仮)」というタイトルでプロット化をスタートさせて、第1稿を作って担当氏に送ったのです。
 はい、人数が一人多いですね
 実は、最初はこの人数でやるつもりだったんですよ。
 が、このプロットを送ったあと、担当氏から問題点の指摘と同時に想定外の一言が。
「ページ数を減らすことになりました」
 昨今、紙不足や価格の上昇もあり、各社とも書き下ろし小説のページを減らす方向になっています。ラブロマン文庫もその例外ではなかった、ということですね。
 ただ、問題は数ページ減らすとなると、とても兄嫁+三人の人妻という四人を描くことはできません。
 そのため、属性的にちょっとダブり気味だった人妻キャラと兄嫁を合体させて、一人のキャラにしてしまおう、と考えました。
 希美の淫乱スイッチというのは、本来その減らした人妻につけていたものなのです。
 ただ、実のところ希美が兄嫁という以外、ちょっと特徴が乏しい気もしていたので、これはむしろ災い転じて福と言うか、渡りに船と言うか、結果オーライになった次第で。
 そんなわけで、一人分減らしたため、変更するべきところは多々あったものの、自分でも意外なくらいあっさりと修正ができ、また担当氏からの指摘点についてもいい具合に処理できて、執筆と相成った次第です。
 とりあず、希美に関しては上記の通りで、とにかく主人公の健児にとって「憧れの兄嫁」ということでキャラ作りをしていました。そこに、淫乱スイッチのギャップを設けたことで、キャラがより立ったのではないか、と自分では思っています。
 真知子は、河里作品ではお馴染みかもしれませんが、主人公を手玉に取る妖艶系美女という立ち位置でキャラ作りをしました。ただ、今回はキャラにギャップを作ろうということで、バック(お尻)に過剰な羞恥心を抱いていて、後背位でされるのに弱いキャラになりました。
 どうして、お尻をじかに見られることにそれほどの羞恥心があるのか、という点については、これを説明してしまうとテンポが崩れてしまいそうでしたし、本編に関係ないため省きました。視点を変更していたら、書いたと思うのですが。
 一応、あまり明確ではないものの、子供の頃に座薬を入れられて死ぬほど恥ずかしい思いをしたことがトラウマになっているとか、理由を考えてはみたものの、やっぱり必要なかったですね。
 美南に関しては、美人で人妻エロ漫画家という、河里作品ではちょっと珍しいキャラですが、これはとある漫画を読んでいて閃きました。それに、エロ漫画とかエロゲーの原画を描いている人妻さんはけっこういるようですし、別にそれほどおかしくはないかな、という気もしたので。
 ちなみに、美南の名前は思いつくまでにちょっと苦戦しました。実のところ、たまたま某特撮の歌を思い出したとき、「北斗南」というペンネームを思いついて、そこから旧姓である「北原美南」を作り、けっこう適当に(笑)結婚後の「一之瀬」姓を作った感じです。
 なお、今回は全体的に希美とのエッチが多い構成にしましたが、これはやはり「今回は彼女がメインヒロインである」という認識だったが故ですね。タイトルからして、「兄嫁と」ですから。
 通常、私はハーレム物では各ヒロインのバランスを重視したり、メインヒロインを最後に取っておく傾向があるのですけど、今回は最初からメインヒロインとエッチしまくるという、私としては少し珍しいパターンでの展開にしました。もちろん、そういうパターンも過去にはありましたけど、ラブラブ系の作品ではあまり数はないかな、と。
 
 そんな感じで本文を書き出しましたが、今回は何が困ったって、粗稿に朱入れをして修正入力をした段階で、計算よりも大幅にページが余ってしまった点です
 当初の予定通りの4人ヒロインだったら、いかに規定枚数に納めるかで頭を痛める状況でしたが、まさか大幅に余るとは……ヒロイン一人を丸々カットした際、エピソードの変更や追加などしたんですけど、それでもまだ足りてないとはさすがに思いもせず
 結局、追記を重ねていく感じで規定枚数までは増やしたものの、ここで少し苦戦したため予想よりも時間がかかる結果となりました。
 まぁ、それでも〆切よりも1週間早く終わらせたので、余裕はあったのですけど。おかげで、「キャプテン・マーベル」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観に行ったりする時間も作れました(笑)
 ただ、そうして余裕をこいていたら、ちょっと大きめの修正指示が出て、いささか苦戦しましたが。
 特にエピローグは、第1稿ではトリプルフェラにとどめていたのですが、「フェラばかり」という指摘を受けたこともあり、第2稿でシーンを本番に全面的に書き直しました。
 これはこれで、いっそう良くなったと自負はしているのですけど、皆さんいかがだったでしょうか?
PageTop

7月の近況

 梅雨の鬱陶しい天気が続いていますが、皆さんは体調を崩したりしていませんか?
 東京は、蒸し暑くなったり長袖が欲しいくらい涼しくなったりと気温が安定しないものの、総じて7月としてはここ数年では珍しいくらい涼しい気がしています。
 友人から、「風邪をひいた」という連絡もありましたし、油断すると私自身も風邪をひきそうなので気をつけていますね。過ごしやすくはあるのですが、晴れが少ないのが辛いところです。
 なお、このブログを見ていて、鹿児島や宮崎など九州南部の豪雨で被害に遭われた方がいたら、心からお見舞い申し上げます。私は東京住まいですが、実は豪雨災害の2週間前に鹿児島から宮崎にかけて旅行をしていたので、他人事とは思えませんでした。
 
 さて、ところで8日に発売になったばかりの兄嫁とふたりの人妻(竹書房ラブロマン文庫)は、もう買っていただけましたか? まだ出たばかりなので、ラブロマン文庫が入荷している書店や通販でも、充分に買えるはずです。皆さんには、是非とも書籍のほうで買って読んでいただきたいと思います。
 なお、裏話については1週間後を目処に公開する予定ですが、少し遅れるかもしれません。

 また、今月20日発売の特選小説2019年9月号には、河里の読み切り短編が掲載されます。こちらは、ラブロマン文庫とは異なり、相変わらずちょっとダークな作風なので、お楽しみに。
PageTop