FC2ブログ

河里一伸ぐうたらブログ

フランス書院美少女文庫で、エッチぃな小説を書いている河里一伸です。 このブログでは、自著の紹介と裏話を書いていこうと思います。あまり更新しませんが、よろしければ見ていってください。

11月の近況

 昼間はともかく、朝晩はめっきり冷え込むようになってきましたが、皆さん風邪など引いていませんか?
 私は、鼻風邪になったりはしましたが、幸いなことに熱を出したり咳き込んだりするほど悪化することはなく、回復に至りました。まぁ、寒暖差アレルギーで鼻の調子が悪くなるのは、なかなか辛いものがありますが。こればかりは、減感作療法でも治らないんですよねぇ……。
 風邪を引くと仕事にも影響が出るので、体調管理には気をつけないといけません。我々のような仕事には有給休暇のようなものがないですし、風邪で寝込もうが〆切を破ったりすると信用に関わってきますので。
 私は、少なくとも河里としての活動を開始してからは、〆切を破ったことがないんですよ。さすがに、親が死んだときは〆切を延ばしてもらいましたが(人が死ぬとあれこれやることがあって大変なのです)。
 もっとも、〆切を破らないことにはちょっとしたカラクリもあって、ある程度のところで「これはいつくらいにできる」と分かるので、その時点で「間に合わない」と思ったら早めに〆切延長のお伺いを立てていた、というのもあります。出版直前では難しいですが、ある程度余裕があるタイミングであれば、編集者も柔軟に対応してくれますので。
 近年では、たいていこちらから「これくらいにはできます」と口にしていますけど、親が死んだとき以外、それを破った記憶はないですね。まぁ、「よく旅行をしているくせに」と言われないように、必死になって〆切を守っている、というのもありますけど
 とにかく、体調管理は自己責任ですから、これからもしっかりやっていきたいと思います。
 
 さて、ところでいよいよ13日(月)に、私の最新刊女上司のみだれ顔が竹書房ラブロマン文庫より発売となります。実際は、都区内書店の店頭に並んでいるのを、すでに確認済ではありますが。
 皆さん、是非ともよろしくお願いしますね。
 なお、電子版も発売日とほぼ同時か少し遅れるくらいで出るはずです。紙の本で買うのはちょっと……という方は、電子のほうで購入していただければ。
 裏話については、1週間後を目処に……と言いたいのですが、ちょっと旅行に行ったりする関係で、いささか遅れそうです。気長に待っていてもらえれば幸いです。
 

PageTop

10月の近況

 妙に暑くなったり、涼しくなったりを繰り返しつつ、次第に秋の気配が深まってきましたが、皆さんは風邪など引いていませんか?
 私は、危ういところ……というか、少し前に鼻風邪を引いてしまいました(TД⊂ もうほとんど治りましたが、さすがにゴミ箱一杯のティッシュの山ができたときには、ちょっとゲンナリしましたね。ただ、あとは喉が少し痛くなったくらいで、食欲も落ちず体調を大きく崩すこともなかったので、どうにか踏みとどまったという感じです。
 皆さんも、風邪には気をつけましょうね。

 さて、すでにこのブログでも告知していますが、来月13日に私の最新作「女上司のみだれ顔」が竹書房ラブロマン文庫から出ることになりました!
 内容は、まぁいつも通りと言えばいつも通りではありますが
 ちなみに、ゲラチェックはもう終わっているので、発売が遅れることはないはずです。あと1ヶ月あまりですが、皆さんには楽しみに待っていていただければと思います。
 なお、表紙の公開など動きがあったらブログを更新していくつもりです。

PageTop

泥酔した義姉を

 特選小説2017年11月号に掲載された、第2作目の短編作品です。
 タイトルだけ見ると、凌辱か誘惑か判断がつきかねるかもしれませんが、基本的に特選小説では凌辱系で行く方針なので(今後どうなるかはともかく少なくとも現時点では)、凌辱色の強いものになっています。
 もともとは、自分が酒を飲んでよく寝てしまうことから、「もし、女性が泥酔して寝たところを襲われたら」と想像して、この作品のアイデアが閃きました。まぁ、私は基本的に泥酔状態になるほど酒を飲まない……と言うか、そこまで飲めないですし、許容量を超すと身体が酒を受けつけなくなる上に絶対二日酔いになる、という困った体質なので、今は二日酔いを避けるため飲み過ぎないようにそこそこ自重はしています。飲まない、という選択はないのですが
 ちなみに、編集部にはこの作品以外にもいくつかネタを出したのですが、今回は本作がいいだろうということになりました。ネタ的には、よりやってみたいものはあったのですが、担当氏と話していて想定していなかった方向性が見えたので、それを練り込む時間が必要になって今回はパスということにしました。
 
 さて、そんなワケで「泥酔した義姉を」をやることになったのですが、ヒロインをキャリアウーマンにすることは決めていたものの、彼女が泥酔するほど酒を飲む理由については、ちょっと悩みましたね。結局、プロジェクトリーダーをしていたプロジェクトが打ち切られて、やけ酒を飲んだということにしたのですが、最初は「男に振られた」とかも考えていました。しかし、キャリアウーマンということを考えて、仕事絡みの挫折としたほうがいいと考えて、本編のようになった次第です。
 ちなみに、プレミアムフライデーで早上がりできたからはしご酒をした、ということにしたのですが、「プレミアムフライデーは、それほど知られていないのではないか?」と担当氏からツッコミを入れられました。しかし、言葉の認知度自体は極めて高いとネット上のアンケートで出ていたので(実際に恩恵を受けている人は少ないようですが、亜耶の仕事先は一流企業という設定なので)、そこはデータを元に押し切りました。
 だいたい、通常の定時上がりで酒に強い亜耶が泥酔するほど飲むとなると、けっこう帰りが遅くなると思うので、基本引きこもりの栄樹が遭遇しない可能性がありますからね。本編では、文字数の都合でカットしたのですが、栄樹が部屋から出ていたのは入浴した直後だから、ということにしていました。そうなると、晩ご飯を食べて一息ついたら入浴ということになるでしょうから、そんなに遅い時間じゃないですよね。
 栄樹を引きこもりにしたのは、亜耶と対極のキャラにするためです。栄樹にとって、亜耶は憧れでもありコンプレックスでもある、ということで、キャラを組み立てていきました。ただ、当初はもっと二人の間を険悪にしていて、無防備な亜耶を見た栄樹が、「どうせ嫌われているんだから、今より嫌われても構うもんか」と手を出す感じにしていたのです。が、そこは担当氏の意見もあって、マイルドにと言うか、憧れの相手に手を出す背徳感みたいなものを強めることになりました。まぁ、この修正は第1稿を出してから行なったのですが。
 また、今回は短編ながら亜耶視点も盛り込むことを最初から考えていました。通常、短編では視点を一人に固定したほうがいい、と言われるのですが、出来の悪い義弟にいいようにされてしまう女性の心理を描いてみたかったこともあり、あえて挑戦してみた次第です。
 
 ということで執筆に取りかかったものの、第1稿はやはり枚数の問題が大きくのしかかりました。前述の通り、栄樹が風呂から出た直後だ、ということを書いていると、どうしてもページ数をオーバーしてしまうのです。そのため、そのシーンをバッサリカットし、さらには両親がヨーロッパ旅行中だということも、かなり簡潔に抑えました。まぁ、両親の旅行については、地の文だとどうしても少し長めになるため、最終的には亜耶のセリフとして言わせることで、どうにか解決しましたが。
 「肉体操作 息子の嫁を…」のときにも思いましたが、短編というのは必要なことに絞り込んで書かなくてはならないので、本当に大変です。ただ、丸1冊の原稿を書くことに慣れた身としては、短編の書き方はまた勉強にもなっていいのですけど。
 そうして、第1稿ができて、少し早めに担当氏にお送りして、チェックしていただいて第2稿の修正をしました。この段階でも、それなりに修正があって、けっこう苦労しましたね。とはいえ、どちらかと言えば、「ここは余計」「ここはふくらませて」みたいな感じの指示が多く、大筋で変更したところと言えば、前述の栄樹の亜耶に対する感情を、愛憎が入り混じっているものから、我慢できなくなって憧れの相手に手を出す、という感じにしたくらいでしょうか。

  なお、タイトルに関しては企画段階からこのままで、「他にいいタイトルはないかな?」と思いつつも、そのままにしてしまいました。まぁ、これが本作のベストタイトルという気もしていますけど。
 一応、「この先どうなるんだろう?」という余韻を残す終わり方をさせましたが、この先のことは読んでくださった方のご想像にお任せしたいと思います。

PageTop

新刊の仮タイトル発表!

 臨時の更新です。
 竹書房ラブロマン文庫の新刊の仮タイトルが、新刊.netやAmazonで発表されました。
 女上司のみだれ顔(仮)
 発売日は11月13日の予定ですが、都内などでは少し前に店頭に並ぶかと思います。
 今のところ、「(仮)」となっているのでタイトルが変わる可能性もありますが、基本的にはこのタイトルでいくのかな、と。
 まだ少し先ですが、楽しみにしていてもらえればと思います。

PageTop

特選小説2017年11月号発売!

 本日、特選小説2017年11月号が発売されました。

 この号に、私の「泥酔した義姉を」が載っています。内容は、まさにタイトル通りのものですが(笑)、「肉体操作 息子の嫁を…」と同様、凌辱系の作品となっています。
 これについても、裏話はおいおい書こうと思っていますが、少し時間がかかるかも?
 ちなみに、今号では私の小説を原作とした「肉体操作 息子の嫁を」の実写AVの紹介も巻頭カラーページでされています。是非とも、特選小説2017年11月号を購入して読んでいただければと思います。皆さん、よろしくお願いしますね。
 ちなみに、実写AVの元となった小説版を読みたい方は、こちらまたは主要な電子書籍サイトにて電子版を入手してください。9月15日(金)から、取り扱っている電子書籍サイトでは購入可能になっているはずですので。

PageTop